« 「私の心絵」 ケアハウスドリームガーデン倉敷 | トップページ | 臨床検査部からのお知らせ »

2006年9月 1日 (金)

ペタンク世界大会出場壮行会

Petanque_2 4月28日(金)のブログでもご紹介しました通り、ショートステイ職員の向川真博さん9月20~24日(現地時間)、フランス南東部グルノーブルで行われる第42回世界ペタンク選手権大会に出場されます。

  Petanque_1向川さんの同大会の善戦を祈願して、倉敷市役所にて今日13時から壮行式が開催さPetanque_3れました。式には向川さんの他に日本ペタンク協会の方も2人同席され、古市健三倉敷市長より激励の挨拶を頂きました。向川さんも古市市長の激励に応え、世界の強豪選手との戦いを前に「1勝でも多く勝ちたい」と抱負を語っておられました。古市市長との記念撮影の後、向川さんはTV局2社と山陽新聞など4社の取材を受けられました。Petanque_4ペタンクという日本ではマイナーなスポーツだけに、皆さん熱心に取材されていました(ルールについては日本ペタンク協会のホームページを参照して下さい)。

向川さんはチームメイトが関東在住のため、練習は一人でコツコツと家の近くの公園でされているそうです。そういったご苦労をバPetanque_6ネに、世界の壁は高いでしょうPetanque_5が、世界大会でベストが尽くせるよう頑張って下さい。なお、向川さんは7日(木)に当院での壮行会に出席した後、18日(月)の夜東京に向け出発し、翌日フランスに向けて日本を発ちます。そして27日(水)に帰国予定です。

また今日の壮行式の模様は次のTV番組で放送予定です。

KSB(瀬戸内海放送)16:55~19:00の「KSBスーパーJチャンネル」で放送予定(16:55~17:05、17:33~17:50、18:18~のいずれかの枠で放送)。

KCT(倉敷ケーブルテレビ)18:00からのニュースで放送予定(なお、放送日は未定ですが特集の組む予定だそうです)。

【ふじおのかばん】

Gyoseiki 今日は菅原雅雪の『暁星記』をご紹介します。このマンガは「モーニング」に連載しており、現在6巻まで刊行されています(私は4巻までしか読んでいないので完結しているかどうか知りませんが)。この作品は1万年後の金星(=暁・明星)が舞台で、金星は人類によってテラフォーミングされ、太古の地球を彷彿とさせる自然に覆われています。人類はそれまでの高度文明を奪われ、原始的な生活を送っているという話です(ちなみに「テラフォーミング」とは「地球化」という意味のSFで使われる用語で、他の惑星を地球のように人間が住める状態にすること)。金星は「空」「森」「地下(森にそびえる巨大な樹木の枝群の下)」の3層構造になっており、人類は巨大な枝の上に猿のように生活しています。そして地下世界は未知の神世界となっています。この作品の凄いところは、何といっても圧倒的な世界観! ハイファンタジーのように、そこに住む人類の生活・習俗・観念や独自の生物などを創造していることです。世界イメージとしては宮崎駿の「風の谷のナウシカ」と類似しています。作品の発行が遅く、読者としてはもどかしい部分もありますが、じっくりと読みたい作品です。

ふじお

|

« 「私の心絵」 ケアハウスドリームガーデン倉敷 | トップページ | 臨床検査部からのお知らせ »

コメント

スポーツ?でフランスに行けるのは、羨ましいですね。
競技も頑張ってほしいですが楽しんできてほしいです。(^・^)
火星には住めるかも?というのはきいたことありますが・・。
金星は、太陽に近い分暑くないのでしょうか?
すべてが巨大化しいると住むのが大変ですよね。

投稿: さくら | 2006年9月 2日 (土) 23時09分

今回は観光ではないので、ゆっくりフランス見物はできそうにないとか。

火星には太古に水があった痕跡が見受けられ、両極に氷が閉じ込められていると聞いたことがあります。
金星の外観は地球と似通っていますが、人間がとても住めるような大気ではないようです。温度も高いと思います。
あまり巨大化すると、活動するために必要な食料の摂取とその確保など、エネルギー効率が難しくなってきます。このことが恐竜絶滅の一因にもなったと考えられています。

投稿: ふじお | 2006年9月 4日 (月) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124470/11716470

この記事へのトラックバック一覧です: ペタンク世界大会出場壮行会:

« 「私の心絵」 ケアハウスドリームガーデン倉敷 | トップページ | 臨床検査部からのお知らせ »