« 明日は「救急の日」 | トップページ | 救急搬送県別格差5倍 »

2007年9月 8日 (土)

栄養科通信Vol.1「倉敷平成病院 入院中のお食事について」

みなさん、こんにちは。
突然ですが、栄養科がどんなことをしているのかみなさんにもっと身近に感じてもらえるように、「
栄養科通信」をはじめることになりました★

 みなさんが日頃気になっていること、たとえば、入院中の食事ってどんな食事かな?とか病気のときはどんな食事をとったり、何に気をつければいいの?とか、この栄養素は何に役立つの?などなどの疑問に、栄養科の管理栄養士がわかりやすく答えていけたらいいなあと思っています。
 また、みなさんからのご相談やリクエストにもお答えしたいと思いますので、ぜひご意見、ご感想など聞かせてくださいね。
 栄養科のページなので「えーよーか」→「ええようか」→「いい8日」(岡山弁ならではのダジャレですね)ということで、毎月8日を栄養科の日とし、8日の更新を予定しています。

★栄養科通信Vol.1

 「倉敷平成病院入院中のお食事について」

 記念すべき第一回目なので、ここ倉敷平成病院でのお食事について紹介します。
以前ブログにも書きましたが、倉敷平成病院、倉敷老健のお食事は、株式会社アイサービスに業務委託して作られています。様々な入院患者さまに対応するため、当院では常食とは別に治療食をご用意しています。

常食、軟菜食、3分、5分、7分粥食、流動食、嚥下食、糖尿病食、減塩食、腎臓食、肝臓食、胆のう、膵臓食、高脂血症食、潰瘍食、貧血食など16種類があります。さらにふつうのかたちのもの、刻んだもの、ミキサーにかけたもの、ペースト状のものがあり、歯が悪かったり、飲み込む機能が低下した場合にも対応できます。また1回の食事量が多すぎて食べられないという方のために「ハーフ食」も用意しています。ふつうの食事を半分の量にして、不足するエネルギーは高カロリープリンや高カロリードリンクで補うため、負担なく必要エネルギーをとってもらえるというわけです。
 これらの治療食は、全て主治医の指示の元にご用意しています。

Futu_3 Futuzen_2 Futuhalf_2

■普通食          ■普通食(全食)       ■普通食(ハーフ)

食欲のない時や、体重を増やしたい時用に高カロリー栄養剤も各種取り揃えています。入院中でない方のご相談もお受けできますので、最近食欲がない、やせてきたなど、心配なことがありましたら、外来受診時にドクターに「栄養相談希望」と声をかけてみてくださいね。

Kizami Pest

写真左から

■刻み食

■ペースト食

栄養科 管理栄養士 A子

|

« 明日は「救急の日」 | トップページ | 救急搬送県別格差5倍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124470/16372790

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養科通信Vol.1「倉敷平成病院 入院中のお食事について」:

« 明日は「救急の日」 | トップページ | 救急搬送県別格差5倍 »