« 第43回のぞみの会だより-14- | トップページ | 9月15日放映倉敷ケーブルテレビ「KCTワイド」より~老松学区敬老会 »

2008年9月17日 (水)

平成20年度老松学区敬老会参加のご報告

一昨日、9月15日の月曜日にあいにくの雨の中、「老松学区敬老会」が開催され、平成病院からも鈴木院長をはじめ、渡辺看護部長、内山総務部長、他総務から2名と栄養科2名、総勢7名で参加してきました。老松学区敬老会は毎年開催されていて、倉敷平成病院からの参加も毎年恒例となっています。

0809154 今年も、「健康チェックコーナー」では身長、体重、血圧、体脂肪の測定、健康相談、栄養相談、パンフレットの配布(のぞみの会への参加申し込みもいただきました!)を行い、約100名の方に訪れていただきました。
例年は白衣を着用していたのですが、今年はピンクとブルーのおそろいのエプロンでキメたためか、いつもより気軽にみなさんに声をかけてもらえたような気がしました。
雨が降る中参加されたからか、会場の熱気に興奮されたからか、いつもより血圧が高いわあ~という声がきかれましたが、毎年、参加されている方々の若々しさ、元気さには驚かされます。0809153

そしてなにより、今年の敬老会では、「長寿のための健康教室」として当院から鈴木院長の講演「生きる」、栄養科の健康クイズ、ウクレレ、ギターの弾き語りを披露してきました。鈴木院長の講演はわかりやすく、笑いを交えたもので参加されたお年寄りにも好評でした。
0809152 栄養科は今回初めて健康クイズを担当したのですが、メタボリックシンドロームに関する○×クイズを掛け合い漫才的に行い、
「どら焼きとショートケーキではどら焼きのほうがカロリーが低い?」
「どら焼き1個分のカロリーを消費するには散歩を30分すればよい?」など
○×クイズには会場のみなさんにも参加していただき、楽しく終えることができました。

0809151 さらに栄養科と総務の西坂室長とで、ウクレレ「翼をください」、西坂室長の華麗なトークを含む、ギター弾き語り「イエスタデイ」と、倉敷平成病院担当の30分は本当にあっという間でした。
病院のPRももちろんですが、地域のみなさんのイキイキとした姿、あふれる活力を肌で感じるいい機会だったと思います。負けずに頑張らなくちゃと思いました。

夕方の倉敷ケーブルテレビのニュース「KCTワイド」でもこの敬老会の模様が放映されていて、鈴木院長の講演と栄養科のクイズに注目されていました!
ただ、舞台の後ろから会場を撮影した映像に私たちのカンペがばっちり映っていたのにはずっこけました。。。

栄養科  管理栄養士   A子

|

« 第43回のぞみの会だより-14- | トップページ | 9月15日放映倉敷ケーブルテレビ「KCTワイド」より~老松学区敬老会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第43回のぞみの会だより-14- | トップページ | 9月15日放映倉敷ケーブルテレビ「KCTワイド」より~老松学区敬老会 »