« ケアハウス夏祭り | トップページ | 第17回院内コンサート~オカリナが彩る夏の思い出~開催のご報告 »

2009年8月23日 (日)

第20回倉敷ジュニアフィル演奏会がOHK岡山放送で紹介されました

 8月12日(水)第20回倉敷ジュニアフィルハーモニーオーケストラの演奏会が倉敷平成病院リハビリテーションセンターで開催され、この模様が8月12日(水)のOHK岡山放送の夜のニュース「フラッシュニュース」で紹介されました。Ohk1

毎年の夏の恒例行事となった、この倉敷ジュニアフィル演奏会は今年第20回目を迎え、ピアノ演奏・指揮者として世界でご活躍されている松本和将さんが来てくださいました。

演奏曲目はジュニアフィル基礎講座生によるディアベリ作曲「スケルツォ」からはじまり、ジュニアフィル団員によるグリーグ作曲「ピアノ協奏曲イ短調作品16」、ベートーヴェン作曲「運命」などでした。

松本さんが演奏されるピアノはとても魅力的で、優しく力強い音色でした。

来場された方々からは、「今日ここに来て本当に良かった」と嬉しいお言葉をいただき、こちらまでとても嬉しくなりました。

0908181_3Ohk2 Ohk3    

※この模様はKSB瀬戸内海放送のニュースでも紹介されました

秘書室 えこ

|

« ケアハウス夏祭り | トップページ | 第17回院内コンサート~オカリナが彩る夏の思い出~開催のご報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケアハウス夏祭り | トップページ | 第17回院内コンサート~オカリナが彩る夏の思い出~開催のご報告 »