« インフルエンザの合併症について~肺炎と脳症~ 職員向け勉強会開催報告 | トップページ | 最近特に気になる医師の言葉 »

2009年11月 8日 (日)

栄養科通信vol.27『「繊維パワーで超スッキリ!弁当」・・・今年も全力投球します!』

のぞみの会まで残りわずかとなってきました。栄養科、アイサービスでは今年もお弁当とおやつを作ります。今年は実行委員の方におやつの案を出してもらったり、お弁当のネーミングに協力してもらいました。試作を何度も繰り返し、みんなでああでもない、こうでもないと頭をひねりながら考えてきました。
今年のお弁当は『繊維パワーで超スッキリ!弁当』です。
気になる内容は0911071
☆繊維たっぷりちらし寿司
☆肉団子の唐揚げゴマ風味
☆炊き合せ
☆白菜とみつばの柚子醤油和え
☆低カロリー饅頭

今年のメインは岡山名物の「ちらし寿司」です。
ちらし寿司の歴史は江戸時代にさかのぼります。初代藩主である池田光政が質素倹約を奨励し、「食事は一汁一菜とする」としました。しかし 庶民たちは言葉の裏をつき、お寿司の上に盛りだくさんの魚介類や山菜を盛り付け、お寿司全体で一菜としたのです。ちらし寿司とは、殿様の言葉に従いながらもご馳走を食べるという庶民の知恵から生まれたアイディア料理だったのです。また、豪華なちらし寿司をとがめられないように、食べるまでは盛付けた寿司をひっくり返し、傍目には白いご飯しか食べていないように見せておき、食べるときにはひっくり返して豪華な寿司を堪能するという「返し寿司」と呼ばれる習慣も誕生しました。今では地域やそれぞれの家庭で盛付けられる内容などが変わり、家庭の味として親しまれていますね。
今回のお弁当には五穀米、こんにゃく、ごぼうなど食物繊維を多く含む食材を使います。

0911072 食物繊維は、主に穀類、野菜、果物、海藻、ごぼう、イモ類、豆類などに多く含まれ、人の消化酵素で消化されない食物中の成分のことを言います。以前は食べ物のカスと思われていましたが、最近では、有害物質の排泄や腸内環境の正常化などに有益であることが知られ、重要な栄養素として認められています。

食物繊維の働きには、
・ 糖分の消化吸収を抑制して血糖値の上昇を抑える
・ 余分なコレステロールを体外に排出する
・ ナトリウムの排泄を促し、血圧を下げる

などがあります。また、便秘を改善する作用もあり、腸をスッキリさせ0911073_4る超スッキリなお弁当ということなのです。
そしてもう一つ、みなさんが楽しみにしているヘルシーおやつは『のぞみっくすパフ ェ』です。牛乳寒天や抹茶寒天、さつまいもマッシュを重ねてりんごなどのフルーツを盛り付け、最後に手作りクッキーをさしてできあがり!こちらのパフェもあんこ、寒天、さつまいも、りんごと食物繊維の豊富な食材を使っています。一般的なパフェのエネルギー量は300~400kcalはありますが、のぞっみくすパフェは1個約100kcalととてもヘルシーになっています。カラフルでヘルシーなパフェをぜひご賞味あれ。
栄養科コーナーもありますので、最近お腹が出てきてメタボが気になる、ダイエットをしたい、血圧が高いんだけど…と思っているあなた!気軽に足を運んでください。栄養士がいろいろな相談にのりますよ♪


のぞみの会では、今年も展示コーナーや健康相談、体験コーナーなど盛りだくさんな内容となっています。みなさんのご参加をお待ちしております。

管理栄養士 K.K.

|

« インフルエンザの合併症について~肺炎と脳症~ 職員向け勉強会開催報告 | トップページ | 最近特に気になる医師の言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザの合併症について~肺炎と脳症~ 職員向け勉強会開催報告 | トップページ | 最近特に気になる医師の言葉 »