« 後だしじゃんけん | トップページ | 倉敷翠松高校1年生実習オリエンテーションが行われました。 »

2009年12月14日 (月)

第45回糖尿病料理教室開催

去る12月5日(土)に糖尿病料理教室を開催いたしました。今年最後の教室です。毎年12月にはクリスマスかお正月にちなんだ献立にするのですが、今回は特に意識せず中華料理に取り組みました。おこわも餃子も団子も手作りですから、おおぜい0912141でわいわいするにはいいかもしれませんね。
献立は五品。なますを除く四品に糖尿病食品交換表でいうところの表1の食品が使わ れています。表1は「ご飯・麺・パン・穀物の粉・いも・カボチャ」等炭水化物を多く含む食品のグループ。つまりとりすぎると血糖値の上昇に直結する食品群です。三食の炭水化物を適量・一定にすることは良好な血糖コントロールを維持するために欠かせません。表1を含む料理が何品かある献立では、表1の食品をついとりすぎてしまいますから、今回の献立をそのまま作るのではなく一品ずつ取り入れることをオススメします。
0912142_3   作り方を簡単に紹介すると、中華おこわはもち米を十分に浸水させ、材料とともに炒めて味をつけ、アルミホイルに包んで蒸します。包むところまで準備しておいて是非蒸したてを食べてください(でも冷めてもおいしい)。餃子はタネを作っておきみんなで包むといいですね。今回は水餃子にしましたが、もちろん焼いてもOK。大根もちにはすりおろした大根がたっぷり入ります。上新粉と白玉粉を加えるので焼きあがりはもちもちとした食感が楽しめます。食べただけでは大根が入っていると気づかないと思いますよ。柚子なますは大根とニンジンをできるだけ細い千切りにするのがポイント。柚子を半分に切り中身をくり抜いて器に0912143 すると素適です。
デザートのココナッツ団子もオススメ。あんはサツマイモとリンゴを煮て作りました。皮は白玉粉です。あんを包んでゆでるので、きちんと包んでゆでている間に中のあんがでないように。表面にまぶすココナッツは少し炒っておくと食感がよくなります。
今回は作業が多く、出来上がったのは12時5分前でした。その分出来立てを食べていただくことができ、締めの団子にもボリュームがあって、かなり満足感の高い仕上がりになったかな?今年最後の料理教室もわいわいと楽しく終えることができました。
来年には第50回の料理教室を迎えます。今からワクワクしています。ますますバージョンアップしていく料理教室。来年もどうぞお楽しみに!

倉敷生活習慣病センター 管理栄養士 momo

|

« 後だしじゃんけん | トップページ | 倉敷翠松高校1年生実習オリエンテーションが行われました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後だしじゃんけん | トップページ | 倉敷翠松高校1年生実習オリエンテーションが行われました。 »