« 倉敷老健ご入所の小林フユカさまが100歳のお誕生日を迎えられました | トップページ | 倉敷翠松高校看護科1年生が嚥下実習に来ました。 »

2010年2月 3日 (水)

1月31日(日)「医療現場からの報告」という番組で倉敷平成病院が取り上げられました

100203 1月31日(日)、TSCテレビせとうちの特別番組「医療現場からの報告~脳疾患に挑む“絆”の医療~」で倉敷平成病院が取り上げられました1002032

番組の中では、当院 脳神経外科部長 高尾聡一郎医師が手術を行っている場面や、理事長先生の認知症治療「もの忘れ外来」等、多くの先生方の診察風景が紹介されていました。

1002031 インタビューの中で理事長先生は、「時代や医療が進歩すると共に、医療人と患者様との絆が薄くなってきている」とお話されていました。

理事長先生は常々「患者様からのクレームや医療に対する不信感、医療訴訟等の多くは医療人と患者様の絆が希薄になってきていることが原因の一つだと考えられる」と話されていて、当院は患者様と医療人が近い病院であるために多くの取り組みをしています。

今回、当院の医療に対する取り組み等をテレビで取り上げていただき、患者様本位の医療が少しでも多くの皆様に伝わったのではないかと思います。

これからも患者様本位の、絆の医療を提供していけるよう、倉敷平成病院は邁進していきたいと思います。

そして、好評につき 再放送が決定いたしました!

2月11日(木・祝) 午前10時~10時30分 
テレビせとうち
 です

見逃された方、またお知り合いの方にもご案内下さい。

秘書室 えこ

|

« 倉敷老健ご入所の小林フユカさまが100歳のお誕生日を迎えられました | トップページ | 倉敷翠松高校看護科1年生が嚥下実習に来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉敷老健ご入所の小林フユカさまが100歳のお誕生日を迎えられました | トップページ | 倉敷翠松高校看護科1年生が嚥下実習に来ました。 »