« 明日は全仁会の祝賀会・新年会です | トップページ | 今年も薬剤部をよろしくお願いします♪ »

2011年1月 8日 (土)

栄養科通信vol.41『おせちあれこれ』

1101081 新年あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願い致します。
さて、みなさん、お正月休みはどのように過ごされましたか?
天気予報では大寒波で、岡山にも大雪が降るのかと思っていましたが、全くよい天気でしたね。おかげで毎年恒例の登山もでき、無事初日の出を拝むことが出来ました。

運動の後はモチロンご馳走!お雑煮やおせちをいただきました。

1101082_2  ここで「おせち」について少し調べてみました。
おせち料理の基本は、お屠蘇(とそ)、三つ肴、雑煮、煮しめ。三つ肴(数の子、黒豆、田作り)と煮しめが重箱に詰めて出され、一般的にはおせち料理とは重箱に詰められた料理のことを指します。

日持ちさせるために、火を通した、味のしっかりしたものが多いおせちですが、神様を迎える正月は騒がしくせず、台所で煮炊きをするのを慎むという風習や、正月くらいは女性を休ませてあげようという意味合いもあるからだそうです。
そしてさらに、その中身にはそれぞれ深い意味があるのをご存知でしょうか。

★一の重(祝い肴)
田作り・・昔イワシを田んぼの肥料にしたことから、豊作祈願。
数の子・・子供がたくさん、子孫繁栄。
栗きんとん・・「金団」と書き、黄金の団子、金運上昇。栗は勝ちぐり、勝負運上昇。
黒豆・・1年中まめ(元気、勤勉)に過ごせますように。
昆布巻き・・養老昆布と書いて、よろこぶ!
伊達巻・・伊達は華やかという意味。巻き物に似ていて、知識が増える

★ 二の重(焼き物)
えび・・腰が曲がるまで共に長生きできますように。
鯛・・めでたい!
鰤・・出世魚

★三の重(煮物)
煮しめ・・いろんな野菜を一緒に炊く煮しめは家族が仲良く結ばれるといいます。
    くわい・・芽が出る=立身出世
    れんこん・・穴が開いていて、見通しが良い
    ごぼう・・大地に根をはる根菜は一家の土台がしっかりする
    里芋・・小芋がたくさん、子だくさん

★与の重(酢の物)
紅白なます・・紅白はおめでたさの象徴。水引をかたどっているとも。
橙(だいだい)・・子孫が代々繁栄します。

★ 五の重(控えの重)
年神様から預かった福を詰めるため空っぽにしておくか、家族の好きなものを詰め1101083_3ます。

重箱を重ねるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだもの。同じよ う  に、雑煮なんかもおかわりするといいそうです。もちろん、食べた後は体を動かしてくださいね。

こんなにたくさんのいわれがあるなんて、調べてみて再度びっくり!どれもこれも、家族の幸福を願うものばかり。おせち料理には、知恵と愛情が詰まっていたんですね。
うちのおせち料理、とはいってもまだ自分で作ることが出来ないので、母の作ったおせちの写真を披露します。いつかは手作りできるようになりたいなあ・・・

栄養科 管理栄養士 A子

|

« 明日は全仁会の祝賀会・新年会です | トップページ | 今年も薬剤部をよろしくお願いします♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は全仁会の祝賀会・新年会です | トップページ | 今年も薬剤部をよろしくお願いします♪ »