« 花粉症でお困りの方はゼヒ!! | トップページ | 干瓢(かんぴょう)のお話 »

2011年2月13日 (日)

相賀秀樹歯科医師が「顎関節症」について解説☆1/27のKSBにこまるワイドで取材を受けました

Aiga1_2  先日、KSB瀬戸内海放送のお昼の人気番組「にこまるワイド」で歯科の相賀先生が取材を受けたのが、1月27日(木)に放映されましたのでご報告いたします。

Aiga2 Aiga3 顎関節症は噛み合わせがよくなかったり、疲れたりするとなんとなく感じられる症状です。
Aiga4 この原因はまだはっきり分かっていないのですが、「プラキシズム」といって「歯ぎしりや食いしばりで体がゆがんだ状態が長く続くこととされているそうです。

症状もほおっておくと、いつの間にか治まってしまう場合も多いのですが、これは完治した訳ではなく、異常のある状態に身体が慣れて違和感を感じなくなっただけだそうで、何かをきっかけに、再発することはよくあることだそうです。
 この顎関節症、診療科は歯科ということです。

 噛み合わせを正しくすることで、ほとんどの方が改善するということですが、なにぶん、ケースバイケースですので、一度「歯科」を受診されてみてはいかがでしょうか。

秘書室 みやけ

|

« 花粉症でお困りの方はゼヒ!! | トップページ | 干瓢(かんぴょう)のお話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花粉症でお困りの方はゼヒ!! | トップページ | 干瓢(かんぴょう)のお話 »