« 回想と愛染かつら | トップページ | カラオケ大会が開かれました »

2011年2月23日 (水)

倉敷平成病院ソーシャルワーカーが紹介されました!

110222_11 2月19日(土)に県内の医療関係者でつくる「日本医療マネジメント学会岡山県支部第8回学術集会」が川崎医療福祉大学にて開催されました。Logo

当院、医療福祉相談室の岩佐暁子さんはパネリストとして参加しましたが、その発言内容が昨日、2月22日(月)の山陽新聞朝刊倉敷市民版に紹介されました。

『倉敷平成病院の岩佐暁子さんは、ソーシャルワーカーの立場から「医療職ではないが、患者や家族の心理状況を把握してチームに伝える『代弁者』の役割がある」と説明』

とのことでした。地域医療の充実、患者さんの安心な療養体制の整備において、病病・病診連携は欠かせないテーマです。倉敷平成病院でも、積極的に取り組んでいる重点事項の一つです。

秘書室 みやけ

|

« 回想と愛染かつら | トップページ | カラオケ大会が開かれました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想と愛染かつら | トップページ | カラオケ大会が開かれました »