« 第54回糖尿病料理教室開催報告 | トップページ | 学校訪問の時期です »

2011年6月13日 (月)

第54回料理教室開催

先月のブログでも少し触れましたが、6月11日(土)に倉敷生活習慣病センターで「第54回糖尿病料理教室」を開催しました。今年度の料理教室は“日本の郷土料理”をテーマにしていますが、今回は東北地方を取り上げました。奇しくもこの日は震災から三ヶ月目。一日も早い復興を祈念し東北地方に思いをはせながら、地元に伝わる料理を作りました。

青森:八戸せんべい汁
秋田:きりたんぽ
宮城:じゃじゃ麺、くるみ餅
山形:三五八漬け
福島:イカにんじん、三五八漬け

54th 東北五県フルラインナップです。味や材料には手を加えたので地元の方には“こんなもんじゃねえ”と叱られるかもしれませんが、意気を感じていただけるとうれしいなあ。簡単にできる一品を紹介しましょう。福島のイカにんじんです。ニンジンとおつまみ用のあたりめがあればできます。福島では調味料を多くして濃いめの味付けにしてご飯にかけて食べるそうですが、今回は薄味にサラダ感覚でいただけるものにしました。

(材料:4人分)
ニンジン100g、あたりめ20g、漬けだれ(酒小2、しょうゆ・みりん各小1) 
(作り方)
1. ニンジンとあたりめはマッチ棒くらいの大きさに切る。
2. 漬けだれの材料を容器に入れてレンジで加熱し、アルコールを飛ばす。
3. 2を冷まし、1を加えてよく混ぜ一晩おく。

東北地方の料理の印象は“温かいもの、米を大切に小麦も使う、保存ができる、塩分が多め”といったところでしょうか。どの料理も滋味豊か、派手さはないかもしれませんが、家庭的で今夜にでもすぐに取り入れられそうな料理が並びました。昨年の9月に盛岡、奥入瀬渓谷、十和田湖、弘前に足を運んだのですが、また東北に行ってみたくなりました。東北を思う、東北地方の物を買う、東北地方を訪れる・・・、復興の支援もいろいろな方法があるでしょう。少しずつ、できること、息の長い支援をしていきたいものです。

糖尿病療養指導士・管理栄養士 momo

|

« 第54回糖尿病料理教室開催報告 | トップページ | 学校訪問の時期です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第54回糖尿病料理教室開催報告 | トップページ | 学校訪問の時期です »