« 第20回全仁会院内研究発表大会開催~全仁会4本柱~ | トップページ | 骨粗鬆症の治療薬について »

2011年12月 8日 (木)

栄養科通信vol.52 月刊誌「臨床栄養12月号」掲載されました。

12月1日発行の月刊誌「臨床栄養12月号」(医歯薬出版株式会社)で倉敷老健NSTが111208 掲載されました。 
「臨床栄養」は栄養士専門の月刊誌。今回紹介されたのは「あなたならどう考える?―NSTの現場から-」という誌上症例研究のコーナーです。
今回掲載することとなったきっかけは、昨年11月に行われた「全国老人保健施設大会」で倉敷老健のNSTの活動報告を行ったことが始まりです。その発表を見た出版会社の方が「老健でNSTを実施している施設は少ないので、老健NSTで実際検討された症例を上げていただきたい」とのことでした。
この雑誌は私が栄養士を志した大学生の頃から読んでいた私にとって憧れの雑誌。そのため、今回掲載の依頼を頂いた際には大きな感激と同時にその重責を果たせるのかとても不安になりました。しかし、とにかく前に進もうと過去のカルテをひっぱり出し、必要な情報を集め『老健ならではの「生活の場」でのNST関わりを読み手に伝えよう』と文章にまとめました。そして老健のスタッフや栄養士の先輩、また先生にも協力していただき、形にしていきました。
原稿が完成し提出した後、一度校正刷りされたものを見ていたものの、実際に自分の書いたものが雑誌に掲載されているのを目にすると、なんともいえない感動や達成感がこみ上げました。この場を借りて今回協力してくださった方、また今回の機会を与えてくださった医歯薬出版株式会社の編集部の方に深くお礼申し上げます。
まだまだ知識不足な私ですが、今後も努力をしていきたと思います!  

「臨床栄養12月号」は1階の外来や2階の倉敷生活習慣病センターの待合室などに置いて皆さんに見ていただけるようにしています。興味のある方はご覧ください。

栄養科  はっち

|

« 第20回全仁会院内研究発表大会開催~全仁会4本柱~ | トップページ | 骨粗鬆症の治療薬について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第20回全仁会院内研究発表大会開催~全仁会4本柱~ | トップページ | 骨粗鬆症の治療薬について »