« コーヒータイム ~糖尿病療養指導士より44~ | トップページ | 食中毒に気をつけましょう! »

2012年6月21日 (木)

石田泰久先生(形成外科・フットケア外来)が6月19日(火)放送のKSBスーパーJチャンネルにてフットケアの専門家の立場からコメントいたしました

Ishida 先日ご案内いたしましたが平成24年6月19日(火)、瀬戸内海放送の夕方のニュース「KSBスーパーJチャンネル当院形成外科の石田泰久先生がコメント出演しましたのでご紹介いたします。

Heisei 「足の悩みを解消 整形靴職人」というタイトルで、倉敷市の靴店の方がドイツの国家資格の「ゲゼレ」を取得したことを紹介する内容のニュースでIshida2

形成外科(フットケア外来担当)の 石田泰久先生は、専門家の立場から
「自分に合わない靴を履き続けていると外反母趾や巻き爪がひどくなっていったりします。自分の足にあった靴を選ぶことは大切なことですね」というコメントをされていました

Ishida3 倉敷平成病院では毎週木曜午前に形成外科石田先生がフットケア外来を行っています(場所:倉敷生活習慣病センター2診・完全予約制)。Ishida1
 ニュース内で紹介された「外反母趾」「巻き爪」の画像は、当院フットケア外来にこられた患者さまのものです。他にも、うおのめ、たこ、かかとがかたくなる、爪が白くぶ厚くなったりするなどの症状でお悩みの方は是非ご相談いただければと思います。

また、糖尿病の方は足病変には特に注意しなければならないということです。倉敷平成病院フットケア外来では、内科医・専門看護師等がチーMakiム医療で診療にあたっています。

※倉敷平成病院フットケア外来では 必要な方には、中敷等の製作について 橋本義肢製作株式会社がサポートする靴工房「グラート」をご紹介しています。

秘書室 みやけ

|

« コーヒータイム ~糖尿病療養指導士より44~ | トップページ | 食中毒に気をつけましょう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーヒータイム ~糖尿病療養指導士より44~ | トップページ | 食中毒に気をつけましょう! »