« 平成24年度 第1回音楽療法勉強会ご案内 | トップページ | KCTにて再放送中! »

2012年7月 7日 (土)

栄養科通信Vol,59『日本病院学会へ行ってきました』

6月22日(木)23日(金)の2日間、博多で日本病院学会が行われました。201207071_2

今年当院からは3人が参加し、1人は口頭発表、そして私を含む2人がポスター発表でした。


ポスター発表というのは、大きな画面にスライドを映しながら行う口頭発表とは違い、仕切り板などに予め発表内容(ポスター)を提示して、興味を示された方に対して説明をするものです(右の写真参照)。今回私は「糖尿病患者における経腸栄養法の検討~良好な血糖コントロールを目指して~」について発表しました。聴衆は15名くらいでしたが、距離がとても近かったので緊張しました。発表後の質疑応答では準備を万全にしていたので、どんな質問が飛んでくるか楽しみにしていたのですが・・・残念ながら何の質問も出ませんでした。けれど初めてのポスター発表、無事終える事ができ、一安心。よい勉強になりました。

201207072そして・・・今回はなんと!!王貞治氏(ソフトバンク球団会長)の特別講演が行われました!!王貞治氏を生で、しかも間近に見ることができただけでも感激でしたが、今回の講演のテーマ『野球が教えてくれた事』の中に「誰でも前進する前には後退という過程がある。くじけてはいけない。」という言葉があり、とても胸に響きました。世界の王貞治が言うと、言葉の一つ一つにも重みがあり、今、やり残していることや、諦めてしまったことはないだろうか。と、自らを振り返ることができました。



この2日間、他院がどのような取り組みを行っているのかを知ることができ、大きな刺激となりました。今後もこのような学会に参加し、多くの情報を得て日々の業務の改善・向上に繋げていきたいと思います。201207073_4


 

栄養科 管理栄養士 ハッチ
         

|

« 平成24年度 第1回音楽療法勉強会ご案内 | トップページ | KCTにて再放送中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成24年度 第1回音楽療法勉強会ご案内 | トップページ | KCTにて再放送中! »