« 身長と生活習慣の関係 | トップページ | 言語聴覚士として何事にも全力で! »

2012年10月13日 (土)

第62回糖尿病料理教室開催報告

 10月6日(土)、倉敷生活習慣病センターにおいて「第62回糖尿病料理教室」を開催しました。“日本の郷土料理”最終回はB級グルメをアレンジしました。各地方ならではの食材や調理法ではなくても、こんにゃくを使用したり野菜でかさを増したり、少しの工夫でこってり料理もヘルシーに変身です。B級だなんてもったいない!?
 当日は倉敷ケーブルテレビの取材もあり、いつもより少し緊張しながらの調理となりました。美味しい料理と楽しい雰囲気が伝わっているでしょうか。放映が楽しみですね。料理教室ではこれからも皆さんと一緒に楽しく、おいしく、新たな挑戦をしていきたいと思っています。
 次回は12月1日に予定しています。クリスマスをテーマに楽しみましょう。皆様のご参加をお待ちしています。

●本日のメニュー●
Photo_2 ・蒜山焼きそば(岡山)…麺の量が控えめな分、野菜たっぷり。手作りのタレが旨味を出します。
・さんまのつみれ汁(宮城)…旬のサンマをつみれに。サンマのだしで優しい美味しさです。
・ホルモン風こんにゃく(神奈川)…ホルモンをこんにゃくで代用。しっかりした味付けで満足感あり。
・塩麹のシーザードレッシング風…塩麹とヨーグルトでシーザードレッシングができました。味はしっかりですが低カロリーで安心。
・冷やしぜんざい(島根)…白玉にマービー餡をかけて。この一皿でちょうど1単位。

                                               shine計496Kcalshine

※メニューご希望の方は倉敷生活習慣病センター受付にてお訊ね下さい。

管理栄養士 A子

|

« 身長と生活習慣の関係 | トップページ | 言語聴覚士として何事にも全力で! »

コメント

紹介されるメニュー夫々について糖質・蛋白質・脂質のカロリー比率を教えて下さい。
血糖値を上げてしまうのは殆ど糖質のみですが、糖尿病食として最適な糖質カロリー比率はどれ位でしょうか。これまでの基準と今後のより望ましい比率とを教えて下さい。

投稿: tama | 2012年10月13日 (土) 14時18分

tamaさま コメントありがとうございます。
当院では、糖尿病学会が作成した「糖尿病食事療法のための食品交換表」に基づいて料理教室の献立作成や糖尿病食の提供を行っています。「科学的根拠の基づく糖尿病診療ガイドライン」に基づく糖質エネルギー比率は50~60%となっています。
次回糖尿病料理教室への参加受付も始まっております。
よろしければ、お気軽にご参加ください。

投稿: 栄養科 | 2012年10月18日 (木) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身長と生活習慣の関係 | トップページ | 言語聴覚士として何事にも全力で! »