« 腰痛も吹き飛ばして | トップページ | 初孫が生まれました!! »

2013年2月 8日 (金)

栄養科通信Vol.66『いろいろ干してみる』

 今年の冬は例年以上に寒い日が多いですね。大気も乾燥していますし、お肌には大敵です。しかし、この乾燥を使わない手はありません!
 6月の「いろいろ漬けてみる」に引き続き、今回2月は「いろいろ干してみる」です。
 寒風吹きすさぶこの時期は野菜やきのこを干すにはぴったりです。乾物といえば、干ししいたけ、切り干し大根が思いつきますが、それだけではありません。何でも干すことができるのです。
 干す道具ですが、ザルや竹かごなどなんでもかまいません。ほこりや鳥の襲来が気になる方は干しネットを使うことをおすすめします。
 201302081201302082_9



201302082_8


201302082_6



201302082_5



201302082_4



201302082_3


干すことにはまってからは、竹かごがとても気になるようになりました。
 作り方は、切って、並べる、干す。以上です。とっても簡単!

 
乾物は買うととても高価です。道の駅やサービスエリア、産直市などで安くて新鮮な野菜やきのこが手に入ったら干して保存しておくととても便利です。市販の乾物は機械で乾燥しているものが多いのですが、天日干ししたものは素材の持つ旨みや甘味がギュッと凝縮されます。食べるだけではなく、おいしいだし汁を取ることができます。
 また、市販の干ししいたけを一度天日干しすると旨みがアップしますのでお試しください。

 
自分で乾物を作るのはちょっと…という方は、お料理をする前に野菜を少し早めに切っておいて1~2時間太陽に当てるだけでも、旨みや甘味が増します。
ネギや玉ねぎだと辛味が抑えられ、甘味がアップ!
 体を温める食材で有名なショウガも干すことによってその効果がアップします。
 夏であれば、ゴーヤの種や、とうもろこしのヒゲを干して煎じてお茶にするのもおすすめです。

 
ひと手間加えることでおいしくなりビタミンDなどの栄養価もアップするなんて一石二鳥です。
 もうしばらく寒い日が続きそうですので、どんどん干していこうと思います。みなさんも是非!

栄養科 管理栄養士 S.N

|

« 腰痛も吹き飛ばして | トップページ | 初孫が生まれました!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腰痛も吹き飛ばして | トップページ | 初孫が生まれました!! »