« 職員劇「白雪姫」は笑いが起こる!? | トップページ | 糖尿病療養指導士に合格しました! »

2013年6月 8日 (土)

栄養科通信 vol.70「1年半で体重20㎏減少!」

こんにちは。梅雨入りしましたが、からっと暑い日が続いていますね。
さて、今回は体重を1年半で20㎏落とすことに成功した外来患者さんについて報告します。

こちらの患者さん(以下Iさん)と出会ったのは平成23年10月の秋。
外来を定期受診し採血した結果、コレステロールの値が高かったこと、膝の痛みを訴えていたことから栄養相談に紹介となりました。
当時Iさんは身長155㎝、体重84㎏、女性。悪玉コレステロール値 150mg/dl、中性脂肪値 170㎎/dl。膝の痛みは強く、運動をしたくても痛くて出来ないとのことでした。201306081
最初の栄養相談では、食事内容・生活スタイルについて伺い、実行できる目標をIさんと一緒に3つ決め、その後も月に1度の受診のたびに栄養相談を継続させていただきました。

目標を徐々にステップアップしながら1年半が経過。Iさんの体重は毎月平均1㎏のペースで減少していき、ついに先月には体重64㎏、悪玉コレステロール92mg/dl、中性脂肪値 77㎎/dlと素晴らしい結果になっていました。
Iさんの口からは「ズボンのサイズが4Lから2Lになった。」「足の痛みが減った。」「どんなものを食べたらいいのかが分かってきた。」など、嬉しい言葉を沢山聴くことができています
。(写真はIさんの了承を得て撮らせていただきました。4Lのズボンを持った、2LのズボンをはくIさんです。)

201306082
さて、気になるのはIさんが何をどうやって体重をここまで落とすことができたのか。
もちろん一言では語ることはできませんが、Iさんの場合最も効果的だったのは
「カロリーの高いものを控える」という点だったように思います。
栄養相談前までIさんは、ピザやマヨネーズ、かりんとう。飲み物は飲むヨーグルトなどカロリーの高いものをよく食べていました。またおなか一杯食べたいという思いが強かったので、それらを多量に食べてカロリーの過剰摂取に繋がっていました。そこでIさんには、普段よく食べている食品のカロリーがどれくらいあるのかをお伝えし、それらをカロリーの低い何に置き換えることなら可能かを話し合いました。また、カロリーの低い野菜をしっかり食べて満腹感を満たすこともおすすめしました。


この目標がIさんの体重に徐々に変化を与え、それが結果的にモチベーションの向上に201306083も繋がり、これまで1年半も続けることができたようです。
減量、ダイエットのためには、摂取カロリーを減らして消費カロリーを上げるのが基本!と言うのは簡単ですが、実行するのは難しいのが現実です。けれど、Iさんのように何をどう気を付けたらいいのかが分かると、ぐっと成功に繋がりやすくなります。
「1か月で10㎏減量」のような急激な体重減少では、体に悪影響がでてしまいます。「正しい食事、運動療法でダイエットがしたい。だけど、何に気を付けたらいいか分からない。」という方はお気軽に栄養相談にお越しください。いつでもお待ちしています。  

栄養科 管理栄養士 はっち

|

« 職員劇「白雪姫」は笑いが起こる!? | トップページ | 糖尿病療養指導士に合格しました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 職員劇「白雪姫」は笑いが起こる!? | トップページ | 糖尿病療養指導士に合格しました! »