« ゼロカロリーにご注意を~糖尿病療養指導士より~ | トップページ | 第48回のぞみの会だより-15- »

2013年10月 8日 (火)

栄養科通信 vol74 「フルーツ王国 岡山」

この時期、栄養指導のたびに岡山がいかに「フルーツ王国」であるかを実感します。
少し前までは桃にぶどう、いちじく。そして最近では梨に柿。近所から頂いた方も2013100801_2
いれば、実家で作られているという方も多く、果物の豊富さに日々驚かされています。
果物に含まれる栄養素は、ビタミンCをはじめとして、ビタミンEやビタミンB群などお肌に必要なビタミンや、鉄分など女性に嬉しいミネラル類。そして、腸内環境を整えてくれる食物繊維、むくみを防ぐカリウムを豊富に含んでいます。

体に嬉しい成分をたっぷり含んでいる果物。けれど、食べすぎはよくありません!
なぜなら、果物の甘さは「果糖」という糖分から構成されています。これは甘さが強いわ201310081りにあっさりとした後味で、冷やすと口当たりがよくおいしく感じる性質があるのですが、私たちが普段よく使う砂糖と比較し、消化吸収がとてもよいため食べ過ぎると血糖の上昇や中性脂肪の増加につながります。これは、糖尿病や動脈硬化へのリスクを上げてしまいます。

では、どうしたら良いのか。お分かりですね♪
果物は適量食べる事が大切です!!
適量は以下に示した通りです。
20131007
いかがですか?
普段食べている量と比較して、多かった方も少なかった方も適量に近づけるように努めましょう。
柿が終わる頃にはみかんの季節がやってきますね。旬をおいしく頂くのは良いことですが、みかんの適量は1日2個です。くれぐれも手が黄色くなるほど食べ過ぎないようにしてくださいね。  
           

栄養科 管理栄養士   はっち

|

« ゼロカロリーにご注意を~糖尿病療養指導士より~ | トップページ | 第48回のぞみの会だより-15- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゼロカロリーにご注意を~糖尿病療養指導士より~ | トップページ | 第48回のぞみの会だより-15- »