« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ドリームのお正月! »

2014年1月 8日 (水)

栄養科通信vol.77 「胃もたれ」 

あけましておめでとうございます。201401081
本年も栄養科通信を宜しくお願い致します。

 年末年始はどうでしたか?12月~1月にかけて、忘年会、クリスマス、おせちにお雑煮、そして新年会と食べる機会が何かと多く、食べてばかりで胃もたれが・・・という方も多いのではないでしょうか?
 胃がもたれたからといってすぐ胃薬に手をだしていませんか?
 胃薬の売り上げで景気がわかると言われているそうで、バブルの頃は1000億程度の売り上げがあったものの、近年の不景気にと共に600億円まで落ち込んでいるそうです。
 そして、昔は年末年始が最も胃薬が売れる時期でしたが、最近では就職や異動などの春先にシフトしていっているようです。まさに、ストレス社会ですね。
 ストレスによる胃痛は置いておいて、食べ過ぎによる胃もたれ胸焼けはやはり、食事を正して直したいところ。

201401082_2
今回は消化を助ける食べ物、消化によい食べ物を紹介します。

 まず消化を助ける食べ物ですが、代表的なものに、「大根」と「キャベツ」が上げられます。
 大根にはご飯やイモ類などのデンプン質の消化を促進するアミラーゼやタンパク質の消化を促すプロテアーゼなどの消化酵素が含まれています。
キャベツにはビタミンUと呼ばれる成分が多く胃腸の粘膜を健康に保つ作用をもっています。ビタミンUが胃腸に取り込まれると、胃腸の粘膜の組織をつくり、壊れた組織の修復をしてくれます。ビタミンUは通称「キャベジン」とも呼ばれており胃薬にも配合されています。
これらの酵素は熱に弱いので大根おろしにするなど生で食べることをお勧めします。

次に消化によい食べ物と悪い食べ物です。
 一覧にしてみたので参考にしてみてくださいね。
201401083

 消化に良い食べ物とは、胃での滞在時間が短く消化に時間がかからないものです。
 1月7日に「七草粥」を食べる事はとても理にかなっていますね。
 2014年も始まったばかりです。このあたりで胃腸をリセットして、今年1年頑張りましょう!

管理栄養士 S.N

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ドリームのお正月! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124470/58902541

この記事へのトラックバック一覧です: 栄養科通信vol.77 「胃もたれ」 :

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ドリームのお正月! »