« 平成26年度倉敷平成病院リハビリテーション部勉強会のご案内『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概要を学ぶ~』 | トップページ | 春、新緑、新ソーシャルワーカー »

2014年4月13日 (日)

第71回糖尿病料理教室開催報告

 

Photo 4月5日(土)、倉敷生活習慣病センターにおいて『第71回糖尿病料理教室』を開催しました。今回のテーマはこの時期にピッタリ『花見cherryblossom弁当』でした。
 天気が良ければ外へお花見に出かけたかったのですが、あいにくの雨rain模様cryingcherryblossomを窓越しに眺めながらの食事riceballとなりましたが、手まり寿司のきゅうりや蓮根、新生姜、デザートの桜ようかんも花をモチーフに盛り付けされ、弁当箱の中も見事満開桜の出来上がりでした。

 今回はすし飯に大根と粒こんにゃくを炊き込んでカサを増し、砂糖の代わりにマービーを使って甘みをつけました。他の料理も野菜中心で低カロリーでしたが満足感は十分。
 次回6月のテーマはリクエストの多かった『麺』です。皆さんのご参加をお待ちしています。


heart01ハッチのデザートタイムheart01
 写真ではちょっとわかりにくいですが、下から桜餡、花びら羊羹、寒天ゼリーの三層になっています。桜餡には桜の花の塩漬けを細かく刻んで練りこんでいます。桜の花の塩加減がアクセントになって、さっぱりとした甘さに感じられます。お花見のお供にピッタリnote

shine本日のメニューshine
○手まり寿司大根と粒こんにゃくでカサを増し、蓮根やきゅうりで桜に飾り付けて楽しく綺麗に仕上がりました。
○鰆のうに焼…鰆をうに焼でよそいき風に。花に見たてた大根と人参を添えました。
○菜の花の柚子胡椒和え…柚子胡椒で少しピリ辛。菜の花の苦みとの相性はバッチリ。
○筍のクルミ味噌田楽…これからが旬の筍をクルミ味噌で香ばしく。
○五色生酢…かぼちゃと豆乳の入ったコンニャク麺で見た目鮮やか、だけど低カロリー。
○湯葉のすまし汁…今話題の昆布水でだしをとり、風味を生かして薄味に。湯葉を結んで料亭風に仕上げました。
○桜ようかん…市販の白餡は砂糖を多く使っていますが、今回は白いんげん粉とマービーで餡も手作りしているので美味しくても安心の一品になりました♪

                                                                           shine 計480kcalshine

※メニューご希望の方は倉敷生活習慣病センター受付にてお訊ね下さい。

管理栄養士 A子

|

« 平成26年度倉敷平成病院リハビリテーション部勉強会のご案内『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概要を学ぶ~』 | トップページ | 春、新緑、新ソーシャルワーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成26年度倉敷平成病院リハビリテーション部勉強会のご案内『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概要を学ぶ~』 | トップページ | 春、新緑、新ソーシャルワーカー »