« イソバイドを飲むための工夫 | トップページ | 理学療法士として働いて4カ月 »

2014年8月15日 (金)

華山博美先生が「夏の日差しに負けない『美肌づくり』 」をテーマにKSB瀬戸内海放送「にこまるワイド」に出演しました。

今週は、KSB瀬戸内海放送の「にこまるワイド」が14時~放送で「夏の健康生活スペシャル」特集をしています。本日、8月15日(金)は、当院総合美容センター美容外科・形成外科部長の華山博美先生が「夏の日差しに負けない『美肌づくり』」というテーマで出演しました。

___4_2

この時期のお肌の大敵といえばやはり紫外線ということで、日焼けやシミ・シワの原因になる紫外線、その危険性と対策についてのお話でした。

___3 ・紫外線にはA波、B波がある
・A波は、しわを作る原因
・B波は、しみを作る原因

日焼け止めをこまめに塗りなおしたり、手袋や日傘などを併用して紫外線対策をすることで、シワ・シミ対策にもなるということです。

加えて毎日の基礎化粧品の使い方が重要とのことで、正しいケアの方法が実演で紹介されました。

①化粧水
  コットンにしっかりしみこませ、叩かず優しく押し込む。
②乳液orクリーム
  目元や口元など、乾燥しやすい場所に重点的に塗る。Tゾーンは皮脂などで潤いやすいので、少しでよい。
③日焼け止め
  適量(
手のひらに500円玉大)を使うことが重要。まぶたや鼻の下など塗り忘れに注意。

___2_2 また、すでにできてしまったシミもレーザーで治療する事ができるそうです。夏の美肌づくりには、基礎化粧品で肌自体を整えることと、紫外線対策をしっかりすることがポイントということでした。この時期避けようのない紫外線、しっかり対策を心掛けて、ダメージを残さないようにしたいですね。

一週間ご覧いただき有り難う御座いました。
放送にあった以外の疾患や気になることがありましたら、倉敷平成病院までお気軽にご連絡下さい。

秘書室 なか

|

« イソバイドを飲むための工夫 | トップページ | 理学療法士として働いて4カ月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソバイドを飲むための工夫 | トップページ | 理学療法士として働いて4カ月 »