« 元気で過ごしていただくために | トップページ | 熱中症には要注意! »

2014年8月11日 (月)

高尾聡一郎医師が「夏の脳梗塞予防」でKSB瀬戸内海放送「にこまるワイド」に出演しました。

本日14時~放送されたKSB瀬戸内海放送の「にこまるワイド」で特集「夏の健康生活スペシャル」に「夏の脳梗塞予防」と題して、当院理事長で脳神経外科の高尾聡一郎医師が出演しました。
Nikomaru0811 脳卒中は、冬に多いものと考えがちですが、「脳梗塞」に限っては実は、夏に多いという事、血液中の水分量も減ってドロドロ血液になり詰まりやすくなるとのことです。その予防の為には、水分補給が大切であること。
「・寝る前に1杯の水を飲む
 ・起きた時に1杯の水を飲む
 ・日中はこまめに水分補給」
 そして、脳梗塞の前ぶれ症状「一過性脳虚血発作」というものがあり、Nikomaru0812

「・片方の手足、顔の半分に麻痺や痺れ
 ・ろれつが回らない、言葉が出ない
 ・立てない、歩けない、フラフラする
 ・片方の目が見えない、視野が半分欠ける
 ・激しい頭痛がする」などの症状がみられた場合には、ただちに脳神経外科等の専門医もしくは救急外来を受診するようにとの説明がなされました。
 台風が過ぎた後、まだまだ暑い日が続くようです。こまめな水分補給を心がけたいと思いました。

明日の「にこまるワイド」には、「食事で夏バテ解消!」と題して、小野詠子管理栄養士が出演予定です。14時~是非ご覧ください。

秘書室 みや

|

« 元気で過ごしていただくために | トップページ | 熱中症には要注意! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気で過ごしていただくために | トップページ | 熱中症には要注意! »