« 9月7日のKSB「自由人会社人~トップの横顔~」に高尾聡一郎理事長が出演されました | トップページ | 体験・見学会を行います!! »

2014年9月 8日 (月)

栄養科通信vol.85『 好きな野菜、嫌いな野菜』

8月31日の野菜の日にちなんで、全国の20歳以上の男女600名を対象に、野菜にまつ20140908わるインターネット調査が行われました。今回はそのタキイ種苗株式会社の調査結果から興味深い部分をご紹介したいと思います。
野菜が「大好き」、「どちらかと言えば好き」を合わせると88%になり、みなさんが野菜を好んでいることがわかります。
その中でも、「最も好きな野菜」の
第一位は6年連続でトマト!第2位はじゃがいもでした。「野菜が好きな理由」の第1位は「おいしいから」第2位は「健康に良いと思うから」第3位は前年より大きく比率を上げて「安心、安全だと思うから」でした。その背景には、食品偽装問題など食の安全に対する意識の高まりがあるのだろうと分析されていました。野菜を選ぶ基準も新鮮さ、美味しさ、安さに続いて信頼性の高さが上がっています。安心安全な野菜を食べて、健康に過ごしたいものですね。
ちなみに「最も嫌いな野菜」は第1位がセロリ、第2位がゴーヤでしたが、ゴーヤの比率は過去最高に低くなっており、年々ゴーヤ嫌いは減っているとのことでした。特に九州、四国、中国地方では低いため、馴染み具合が調査結果に関係していると言えそうです。
また、「野菜に期待する効果」として「健康な体」、「便秘解消」、「血液サラサラ」、「美肌効果」、「体重増加抑制効果」が上がっていました。健康志向の高まりがここにも表れていますね。みなさんは野菜に何を期待して食べていますか?

 この調査、おもしろい結果だったので今後当院でも1回聞き取りを行ってみたいな~っと思いました。その結果をまたの機会にご紹介したいと思います。

栄養科 管理栄養士 A子

|

« 9月7日のKSB「自由人会社人~トップの横顔~」に高尾聡一郎理事長が出演されました | トップページ | 体験・見学会を行います!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月7日のKSB「自由人会社人~トップの横顔~」に高尾聡一郎理事長が出演されました | トップページ | 体験・見学会を行います!! »