« 山陽新聞 岡山医療健康ガイドメディカVol.97 医療アラカルト「睡眠時無呼吸症候群について」で堀内武志呼吸器科部長が紹介されました。 | トップページ | ケアセンター ショートステイ『新年会』開催報告 »

2015年1月22日 (木)

『高額療養費制度が平成27年1月から一部変更になりました』

医療機関で支払う高額療養費の自己負担限度額について、平成27年1月より、70 歳未満の所得区分がこれまでの3 区分から5 区分に細分化されます。これは、負担能力に応じた負担を求める観点から、と説明されています。
高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻されるという制度です。

今回の改正によって、医療費の負担が増える人と減る人がいます。
簡単にまとめると今回の改正によって負担が変わる人は以下のようになります。

70歳未満の人で
・年収約770万以上(標準報酬月額53万円以上)の人は自己負担額が増える。

・年収約370万円未満(標準報酬月額26万円未満)の人は負担が減る。

このように年収が約370万円未満の方は負担が減るので良いのですが、逆に現在上位所得者に当たる年収約770万以上の人は負担が増えることになりました。0122
ただし、差額ベッド代、食事代、保険外の負担分は対象とはならない。70歳以上の方の負担に変更はない。という点には注意が必要です。

70歳未満の方が入院や外来で診療を受ける場合に、『限度額適用認定証』を事前に手続し、保険証と併せて医療機関窓口に提示すると、入院時等の1ヶ月(1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。手術や入院治療が必要な方は、ぜひこの『限度額適用認定証』の申請をお勧めします。

P.N 蒼いザリガニ

|

« 山陽新聞 岡山医療健康ガイドメディカVol.97 医療アラカルト「睡眠時無呼吸症候群について」で堀内武志呼吸器科部長が紹介されました。 | トップページ | ケアセンター ショートステイ『新年会』開催報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山陽新聞 岡山医療健康ガイドメディカVol.97 医療アラカルト「睡眠時無呼吸症候群について」で堀内武志呼吸器科部長が紹介されました。 | トップページ | ケアセンター ショートステイ『新年会』開催報告 »