« 平成27年1月より倉敷ケーブルテレビにて「Smiles~私の奮闘記~」放送中 | トップページ | 医療機関や介護施設でのインフルエンザ対策 »

2015年1月19日 (月)

目に豆を投げつける

 気付けば、1月も後半。スーパーの店頭では鬼のお面や豆が目立ち、節分の季節が近づいていることを教えてくれます。岡山で節分といえば、最上稲荷で行われる豆まきは有名ですね。毎年芸能人が豆をまくことでも有名ですが今年来てくれるのは足立梨花、ザ・たっち、津本ゆかり。今年も10万袋(約2トン)の福豆がまかれるうです。happy01shine

Image001_2  そんな豆まきに使う「豆」、なぜ大豆が使われているのかご存じですか?
これは古くからの言い伝えとして、京都の鞍馬に鬼が出たときに、毘沙門天様からの「鬼の目に大豆を投げつけなさい」というお告げを実行し、みごとに鬼を退治できたという話が残っているからだそうです。豆を「魔の目」に投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということですね。angrypunchbomb

 また豆まきの後は、年の数だけ豆を食べましょうと言われます。大豆は表3(タンパク質を多く含む食品群)で、約50粒で1単位(80kcal)です。「年の数だけちゃんと食べるぞ!」という方は前後の食事でタンパク質(肉、魚、卵、豆腐など)を控えるなど工夫をしていきましょう。restauranteye

Image004  最後に2月7日は「節分」をテーマに糖尿病料理教室を開催します。大豆を使った料理や巻き寿司、その他にも福を呼び込めるようにと縁起を担いだ食事を作ります♪皆さんのご参加お待ちしています。winkheart04

                    糖尿病療養指導士  ハッチ

|

« 平成27年1月より倉敷ケーブルテレビにて「Smiles~私の奮闘記~」放送中 | トップページ | 医療機関や介護施設でのインフルエンザ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成27年1月より倉敷ケーブルテレビにて「Smiles~私の奮闘記~」放送中 | トップページ | 医療機関や介護施設でのインフルエンザ対策 »