« 太田郁子先生のインタビューが「過多月経②」で雑誌クロワッサンに掲載されました | トップページ | 慢性中耳炎の鍼灸治療 »

2015年1月29日 (木)

KSB「らくらく健康生活」に森幸威医師がご出演されました。

1月22日(木)、11時30分~ KSB瀬戸内海放送の人気情報番組「にこまるワイド」で、「倉敷平成病院のらくらく健康生活」の放送がありました。健康に関する様々な疑問に、倉敷平成病院の医師がお答えするコーナーです。
150122nikomaru




 この日のテーマは「冬こそ始めよう!花粉症対策」ということで耳鼻咽喉科の森幸威医師がお話して下さいました。

ご存じの通り、花粉症は植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。
花粉症の代表格、「スギ花粉」は毎年2月に飛び始めます。今年は例年より早く、
中四国では2月上旬からと予想されています。
年々、花粉症に悩まされている人は増えています。すでに花粉症になっているという方のために、今できる対策をご紹介します。
まずオススメしたいのが、症状が出る前にはじめる「初期療法」です。花粉が飛び始める2週間くらい前の今がお勧めです。
症状が出る前から薬を飲み始めます。そうすることで、症状が出る時期を遅らせたり軽くしたりすることができるんですよ。
使用する薬は、くしゃみや鼻水など、症状によって違います。毎年どんな症状で悩んでいるか、受診する前に自分でも確認しておくことをおすすめします。
また、注目は「アルゴンプラズマレーザー」
鼻の粘膜の細胞を花粉に反応しないようにする治療法です。
個人差はありますが、鼻づまりやくしゃみの症状が大きく改善されるとのことです。
10分程度で終わる日帰り手術で、痛みや出血もほとんどありません。
ただ、粘膜は半年から2年で再生されるので、繰り返し受けることをオススメしています。
アルゴンプラズマ凝固法は、保険が適用される治療です。費用は倉敷平成病院では約5400円とのことです。


「らくらく健康生活」では、気になる病気等について、取り上げて欲しいテーマを募集しています。
〒760-8581 KSB瀬戸内海放送 にこまるワイド「らくらく健康生活」係

次回の放送予定は 2月12日(木)11時30分~11時45分 
         「巻き爪について」
   形成外科 石田 泰久 先生 です。 是非ご覧ください。

※こちらのページに放送の動画がアップされています。ご覧ください。

秘書室 みや

|

« 太田郁子先生のインタビューが「過多月経②」で雑誌クロワッサンに掲載されました | トップページ | 慢性中耳炎の鍼灸治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太田郁子先生のインタビューが「過多月経②」で雑誌クロワッサンに掲載されました | トップページ | 慢性中耳炎の鍼灸治療 »