« ケアハウスドリームガーデン倉敷「平成27年新年会&誕生日会」開催報告 | トップページ | 『第10回おかやま足を守る会』開催報告 »

2015年1月31日 (土)

高尾理事長のインタビュー記事が掲載されました

このたび、急性期病院が実践する生活支援「医療、介護、在宅の“架け橋”を目指し地域の人々の安心生活を支える」というタイトルで、4ページにわたり、当院高尾聡一郎理事長のインタビュー記事が、「TKC医業経営情報2月号(NO.243、TKC全国会 医業・会計システム研究会発行)」に掲載されました。Tkc1

当院は「救急から在宅まで何時いかなる時でも対応します」を理念とし、倉敷平成病院(一般127床・回リハ91床)を中心に、老健や有料老人ホーム、介護サービス等の一連の在宅サービスを備えています。インタビュアーの方は、急性期病院を維持しつつそういった地域に根差した現在の形に大変興味を持たれていました。

Tkc2
TKC全国会医業・会計システム研究会」は、全国一万名超の税理士・公認会計士のネットワークの中で、病医院の会計・税務に精通した約1700名の会員により構成し、現在、全国約2万件の病院・診療所の健全経営を積極的に支援している組織とのことです。

秘書室 みや

|

« ケアハウスドリームガーデン倉敷「平成27年新年会&誕生日会」開催報告 | トップページ | 『第10回おかやま足を守る会』開催報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ケアハウスドリームガーデン倉敷「平成27年新年会&誕生日会」開催報告 | トップページ | 『第10回おかやま足を守る会』開催報告 »