« 通所リハビリ『新春かくし芸大会』開催報告 | トップページ | KSB「らくらく健康生活」に石田泰久医師がご出演されました。 »

2015年2月14日 (土)

認知症の症状を理解する①

 前回は、エピソード(出来事の記憶)記憶障害と、それに伴う心理状態の変化が、周囲の人とのかかわりにどのように影響を与えるか、ということについてお話しました。今回は、記憶以外の面から、認知症を有する人がどのような不自由さを感じやすいか、ということについてお話したいと思います。
 まず、時間や場所の認識のことを専門用語で「見当識」といいます。認知症では見当識に支障が生じやすいとされています。
Image002
 上の図は見当識に支障が生じた結果、どのような不自由さを感じる事が多いかを示しています。
 次に、意図したことを実際の行動に按配して実行するといった機能を専門用語で「実行機能」といいます。では実行機能に支障が生じた場合、どのような不自由さを感じる事が多いかというと、
Image004
 次に、言葉を話したり、理解したりする機能のことを専門用語で「言語機能」といいます。これらの機能が障害された状態を専門用語で失語といいます。「それ」が何か、どういったものなのかということを認識することが障害された状態を、専門用語で失認といいます。では、こういった機能が障害された場合に、どのような不自由さを感じやすいかというと、
Image006
 上記の障害は、他者とのコミュニケ―ションに不自由さを生じさせます。

 認知症において、これまで説明したさまざまな機能の障害のされかたの強弱は人それぞれによって異なります。つまり、人によって不自由さが異なるということは、その不自由さを補う周囲の人の援助の方法も人それぞれ異なってきます。
今回は、記憶以外の面から、認知症を有する人がどのような不自由さを感じやすいか、ということについてお話ししました。次回は、この不自由さに対して、周囲の人がどのように対応したらよいか、ということについてお話したいと思います。

「もの忘れ」は早期発見・早期治療が重要であり、診断・治療のためには地域のかかりつけの医師との情報共有が非常に重要です。ご家族や身近な方、またはご自身のもの忘れが気になるという方は、まずはかかりつけの医師にご相談下さい。
認知症疾患医療センター相談室 直通電話番号:086-427-3535

(執筆者;CP阿部)

|

« 通所リハビリ『新春かくし芸大会』開催報告 | トップページ | KSB「らくらく健康生活」に石田泰久医師がご出演されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通所リハビリ『新春かくし芸大会』開催報告 | トップページ | KSB「らくらく健康生活」に石田泰久医師がご出演されました。 »