2015年2月14日 (土)

認知症の症状を理解する①

 前回は、エピソード(出来事の記憶)記憶障害と、それに伴う心理状態の変化が、周囲の人とのかかわりにどのように影響を与えるか、ということについてお話しました。今回は、記憶以外の面から、認知症を有する人がどのような不自由さを感じやすいか、ということについてお話したいと思います。
 まず、時間や場所の認識のことを専門用語で「見当識」といいます。認知症では見当識に支障が生じやすいとされています。
Image002
 上の図は見当識に支障が生じた結果、どのような不自由さを感じる事が多いかを示しています。
 次に、意図したことを実際の行動に按配して実行するといった機能を専門用語で「実行機能」といいます。では実行機能に支障が生じた場合、どのような不自由さを感じる事が多いかというと、
Image004
 次に、言葉を話したり、理解したりする機能のことを専門用語で「言語機能」といいます。これらの機能が障害された状態を専門用語で失語といいます。「それ」が何か、どういったものなのかということを認識することが障害された状態を、専門用語で失認といいます。では、こういった機能が障害された場合に、どのような不自由さを感じやすいかというと、
Image006
 上記の障害は、他者とのコミュニケ―ションに不自由さを生じさせます。

 認知症において、これまで説明したさまざまな機能の障害のされかたの強弱は人それぞれによって異なります。つまり、人によって不自由さが異なるということは、その不自由さを補う周囲の人の援助の方法も人それぞれ異なってきます。
今回は、記憶以外の面から、認知症を有する人がどのような不自由さを感じやすいか、ということについてお話ししました。次回は、この不自由さに対して、周囲の人がどのように対応したらよいか、ということについてお話したいと思います。

「もの忘れ」は早期発見・早期治療が重要であり、診断・治療のためには地域のかかりつけの医師との情報共有が非常に重要です。ご家族や身近な方、またはご自身のもの忘れが気になるという方は、まずはかかりつけの医師にご相談下さい。
認知症疾患医療センター相談室 直通電話番号:086-427-3535

(執筆者;CP阿部)

| | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

岡山認知症フォーラム2012で高尾芳樹副院長(認知症疾患医療センター長)が一般演題を発表されました

6月8日(金)岡山プラザホテルで岡山認知症フォーラム2012(岡山県医師会生涯教育講座認定)』が開催されました。
Takaodr2 当院副院長・認知症疾患医療センター長の高尾芳樹先生が『メマンチンの使用経験』というタイトルで一般演題を発表されました。
約150名が参加され、大学の先生や開業医の先生方で会場は一杯になっていました。、当日の内容は下記のとおりです。

【一般演題】19:10~19:50
座長 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 精神神経病体学 准教授 寺田整司 先生
1.「メマンチン開始後に意欲低下の改善をみとめた幻視を伴う認知症の1例」
  岡山ひだまりの里病院 精神科 本田 肇 先生
2.「岡山大学病院 神経内科におけるメマンチンの使用経験」
  岡山大学病院 神経内科 助手 倉田智子 先生
座長 川崎医科大学 神経内科 教授 砂田芳秀 先生
3.「当院におけるメマンチンの使用経験」
  川崎医科大学 神経内科学 講師 久徳弓子 先生
4.「メマンチンの使用経験」
  倉敷平成病院 副院長・認知症疾患医療センター長 高尾芳樹 先生


【特別講演】19:50~20:50

座長 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 精神神経科 教授 内富庸介 先生
『アルツハイマー型認知症治療の新たなる展開』
 大阪大学大学院医学系研究科 精神医学教室 講師 藪井裕光 先生
Closeing Remark
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経科学 教授 阿部康二 先生

Takaodr1 まだまだ、認知症疾患医療センター自体が知られていない状況です。
今回のようなフォーラムやセミナーに今後積極的に参加をし、認知症疾患医療センタ-の機能や認知症について、患者様やご家族の方等からのお問い合わせにご説明ができるように努力をしていく所存です。

人事部 さわらび

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

倉敷平成病院が認知症疾患医療センターに指定されることになりました

120320_3のたび、3月19日に「県認知症疾患医療センター」指定を検討する委員会が岡山市内で開催されました。そちらで、岡山大学病院、慈圭病院、川崎医科大学附属病院、倉敷平成病院の4つの病院が「認知症疾患医療センター」に指定されることになったということが 3月20日付の山陽新聞27面に掲載されました。

倉敷平成病院では、もの忘れ外来を早期より開設し、認知症疾患の予防・治療・リハビリに多角的に取り組んでおります。また、勉強会等も開催し地域の方々への啓蒙活動を継続して行っております。

「認知症疾患医療センター」は地域医療と連携し、診断や治療が難しい認知症高齢者を受け入れる切り札的な施設と位置づけられる。厚労省が従来の老人性認知症疾患センターに代わって採り入れた。ごく早期の認知症は、かかりつけ医では判断が難しいが、センターでは専門医が適切に診断し、医療や介護支援につなげる。認知症に伴う徘徊(はいかい)や幻覚・妄想などがある人が、糖尿病や肺炎といった体の病気が悪化した場合、一般の医療機関では治療が難しいことがある。センターは地域の病院や診療所と連携してこうした人にも対応する
( 2010-06-04 朝日新聞 朝刊 政策総合 )

と説明されています。

秘書室 みやけ

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

風邪予防対策

 日に日に寒さが増す今日この頃・・・皆様、体調管理は万全ですか?風邪などひいてはいませんか?

寒くてエアコンやストーブを使用する機会も増えてきますね。部屋が乾燥して、特に朝起きた時に喉がカラカラになっていたり、喉に痛みがある事も多いと思います。空気が乾燥すると肌の乾燥はもちろん、喉も乾燥して風の原因となるウイルスを呼びやすくなってしまいます。

そんな時、我が家では一番に登場するのが加湿器なのですが。今年は『節電』を意識して電気を使わない方法での加湿を試してみようと思っています。

①濡れたタオルを数枚干しておく

②洗濯物を部屋干しする

③お湯の入った入れ物を置く

④観葉植物を置く

⑤マスクをする

Photo ①②については既に実施中で、今のところ朝起きた時には肌や喉の乾燥もありませんよ!皆さんも是非試してみてください。その他にも風邪予防対策として普段から注意していきたいこととして、

①うがい・手洗いの徹底…インフルエンザ予防にも効果的!ウイルスをしっかり洗い流しましょう!

②睡眠時間はしっかりとる…疲れが溜まっていると体力が落ち、風をひきやすくなります。よく休みましょう!

③お風呂で温まる…お湯に入りしっかり温まりましょう。湯冷めをしないように注意!

④水分を適度にとる…喉を潤してウイルスが繁殖しにくい環境を作りましょう!

⑤マスクをする…ウイルスを吸い込まないよう、また喉の加湿に効果的です。Photo_2

⑥ビタミンAとCの補充し抵抗力を高める…粘膜強化のビタミンAは卵・牛乳・レバー、かぼちゃ、ニンジンなど。ウイルス抵抗のビタミンCは苺・柿、ブロッコリー・サツマイモなど。

⑦体を温めるものを摂取する…生姜・ネギ・ニラ・ニンニク・唐辛子などは血行を良くします。

是非参考にしてもらって皆で今年の冬を風邪知らずで乗り切りましょう!!

訪問看護st. OT K.S

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

新しい「アルツハイマー型認知症治療薬」について

 この春から、アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制効果を有する薬剤が新発売されます。3月発売の「メマリー錠(成分名:メマンチン)」を皮切りに、同3月には「レミニール錠(成分名:ガランタミン)」が販売開始され、夏頃には経皮吸収型の「リバスチグミン貼付剤(製品名未定)」が販売開始予定です。すでに発売されている「アリセプト錠(成分名:ドネペジル)」は、当院でも多くの患者さんに処方されており、新しい「アルツハイマー型認知症治療薬」についても検討・準備を進めています。

 Photo 「メマリー錠」は、「アリセプト錠」と異なるメカニズムを有し、中等度、高度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制に適応があります。この薬剤は、脳内の興奮性神経伝達物質である「グルタミン酸」が結合する受容体の一つである「NMDA受容体」の低親和性拮抗約で、膜電位依存的に「NMDA受容体」の働きを抑制する薬剤です。脳内神経伝達物質である「グルタミン酸」は記憶の形成に関わる重要な物質ですが、アルツハイマー型認知症ではグルタミン酸が過剰になることで神経伝達のバランスが崩れ、神経細胞が傷害を受けることが知られています。「メマリー錠」は、生理的なグルタミン酸神経活動には影響せず、NMDA受容体の過剰な活性化による神経細胞毒性を抑制し、神経細胞を保護する効果があるとされています。また、記憶・学習に深く関与する長期増強(long-term potentiation:LTP)の形成障害に対して抑制作用を有することが示唆されています。これらのメカニズムにより、認知機能障害や興奮、攻撃性などの行動・心理症状の進行を抑制する効果が期待されます。また、「メマリー錠」は、現在使用している「アリセプト錠」との併用が可能であることも大きな特徴です。

 また、「レミニール錠」と「リバスチグミン貼付剤(製品名未定)」については、現在発売されている「アリセプト錠」と同じ作用機序の認知症治療薬です。これらの薬剤は、アセチルコリンエステラーゼ(ACE)阻害作用を有し、脳内のアセチルコリンを増加させることで、記憶に関わる脳内神経伝達物質のバランスを整える作用があります。「レミニール錠」は、軽度・中等度のアルツハイマー型認知症症状の進行抑制に適応があり、アセチルコリン受容体に作用して感受性を高め(nAchRのアロステリック活性化リガンド)、脳内アセチルコリンが働きやすくする作用を合わせもつとの報告もあります。

 これまでは「アリセプト錠」のみによる薬物治療しか選択肢がありませんでしたが、新たな治療の選択肢が加わったことにより、それぞれの薬剤の特性を活かし、より個々の患者さんに合った認知症治療が展開できると期待されます。

薬剤部 いっちー

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

認知症のこと

 私は今、認知症の勉強をしています。高齢者の多くが何等かの障害を抱えていますがその中でも認知症は大きな問題となっています。認知症の原因はアルツハイマー病(50%)や脳の血管疾患の後遺症(30%)によるものがほとんどですが、中には幻覚(人や動物がはっきりと見える)又頓珍漢な行動(毎日決まった時間に同じ物を買いにでかける)を起こす認知症もある事を知りました。大部分は70才80才で始まり確実に進行します。症状としては日時が分からない、場所が判らない、相手が判らないという状況が起こり最後には自分が誰かも判らなくなってしまいます。

 私たちがケアをする上で一番大切なことは、その人をしっかり見て観察し、その人をどれだけ慈しみ愛することが出来るか、本気で接すれば愛情は感じるものだそうです。
接する上で最も注意しなければならない事は、いくらつじつまの合わない事を言う人でも、感情はしっかり残っていると言うことです。人間には自尊心があります。ですから褒められることが一番の喜びです。もし無視されたり、見下されることがあれば、これは認知症の方の心を最も傷つけることになりますので注意しましょう。

 110222 認知症と診断された方のコミュニケーションスキルの一つとしてバリデーションがあります。その中の15のテクニックの中で、目からうろこの事がありましたので紹介します。人間には、だれでも、好きな感覚(得意な感覚)があるとのことです。視覚、聴覚、運動感覚から、お年寄りの好きな感覚を見つけ出し、働きかけることで、その人の世界に入って行くことができる手法です。たとえば「昨日の夕食何をたべた」と尋ねられた時、はて?と思い上を向きながら考える、横を向きながら考える、下を向きながらの状態で考えるこの3通りがあるそうです。

 ちなみに私は上向きでした(綺麗なものが大好きで楽しそうな事をしている人がいれば自分もしたくなります。思い当たることいっぱいでした。)実は上向きに考える人は視覚が好き、横向きの人は聴覚が得意、下向きに考える人は運動感覚が得意な感覚だそうです。みなさんはどうでしょう、自分で試してみると、なるほど、と思いますよ。

(※写真はこのブログの執筆者のお孫さんです)

訪問看護  柚月の若いおばあちゃん

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

アルツハイマー病研究会第11回学術シンポジウムに参加して

4月18日、アルツハイマー病研究会、第11回学術シンポジウムに参加させていただきました。

3会場同時刻で、①臨床診断②BPSD(周辺症状)の関わり③包括的支援についての最新の話題が提供されました。第一線で活躍されている神経内科医・精神科医等の先生方が、医師による専門的な話はもちろんコメディカルにも参考になる話をしていただけるため、年々参加者が増え会場に入りきらない状態でした。

私は現在通所リハビリテーションに勤務しており認知症の関わりを作業療法士や介護福祉士とともに行っておりBPSDの対応に苦慮する事が多く、3つの分科会の話全てが聞きたかったのですが②を集中的に聴取しました。何が原因で起こり、どのような症状と関連し、どのような対応をすべきかについて統計学的観点から、あるいは臨床の印象から多角的に話が聞けました。認知症は国をあげてのプロジェクトが開始されています。Photo

認知症ケア専門士なる資格(認定)もでき、社会的整備が進んでいる印象を受けます。

しかし認知症者に関わる当事者(介護者)の介護負担・介護負担感への環境面・精神面のサポート体制は今後の課題かと思われます。この点に関して今後さらに支援できる方法を勉強していきたいと思います。

リハビリテーション部 ST F.M

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

「アルツハイマー型認知症の知識と実践」で『達人ナース』に連載スタート

Photo このたび当院 高尾武男理事長(神経内科)と藤本憲正言語聴覚科課長、有光育代看護部長らによる「アルツハイマー型認知症の知識と実践」という連載が、「達人ナース」という隔月刊誌で始まりました。091216

現場で使えるアルツハイマー型認知症の知識と実践[全3回]
 高尾武男 医療法人全仁会 倉敷平成病院 理事長(神経内科) ほか
 ●第1回 看護に必要な基礎知識と当院の診断システム(11・12月号)
 ●第2回 検査と確定診断について~必須知識と看護実践への活かし方(1・2月号)
 ●第3回 症状と原因について~必須知識と看護実践への活かし方(3・4月号)

私も少しだけ記事を読んだのですが、アルツハイマー型認知症やその診断法などについて分かりやすく書かれていたので、とても読みやすかったです。

これから連載されますので、みなさん是非ご覧になっていただけたらと思います。

秘書室 えこ

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

院内勉強会「認知症勉強会」開催報告

0909174_2  9月17日(木)、倉敷平成病院 在宅総合ケアセンター4階にて 川崎医科大学神経内科 宮崎裕子先生をお招きし、講演会が開催されました。講演会の聴講者も200人を超え、ケアセンタ―内が狭く感じるほど盛況なものとなりました。

講演内容は「神経心理学的検査について0909173 (認知症診断を中心に)」というものでした。現場で私たちがよく目にする神経心理学的検査といえばMMSEや長谷川式簡易知能スケールなどがあげられます。上記の検査は実施が容易であり、点数で評価されるため現場では非常によく用いられる検査です。しかし、これらの検査では被験者のどんな機能が障害されているのか?または、どんな機能が保たれているのか?といったことが詳細には把握できず、個々のケアに生かすことが難しいといった問題点があります。

0909171 0909172 そこで講演会ではさらに一歩踏み込み、DSM-Ⅳによる認知症の定義とそれに沿った各種神経心理学的検査の選択および詳細な障害像の分析について講演が行われました。内容は専門性が高く、難易度も高いものでしたが、実際の認知症診断の現場から症例をもとに話題が展開されたため、理解しやすく非常に興味深い貴重な講演となりました。

質疑応答では、当院診療局長(呼吸器科)の玉田先生、副院長(神経内科)の高尾芳樹先生、脳神経外科部長の篠山先生などから発言があり、関心の高さが示されたように思います。

リハビリ CP 阿部弘明

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

栄養科通信vol.23 『地中海食で認知症予防!』

先日、老健施設0先生に「地中海食が認知症に効果があるということを知っている0907081かな?」と聞かれました。「論文などでも発表されており、疫学的にも効果が立証されているため是非取り入れていくといいと思うんだよね!」とのことでした。
地中海食と認知症について調べてみると、ニューヨークで約2000人を対象に行われた調査で、地中海食に最も近い食事をとっているグループは、最も離れた食事をとっているグループに比べ、アルツハイマー病の発症リスクが68%低減したという結果が出ています(表1)。

みなさんは地中海食について知っていましたか?健康やダイエットによいということで最近話題になっているようなのでみなさんにもご紹介したいと思います。
地中海食は、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャなどの地中海地域の伝統的な食事で、オリーブオイル、果物、野菜、豆類、穀物、魚類を多く摂取し、アルコール類、肉類、乳製品は少量というのが特徴です。穀類、野菜、魚を中心にという点が日本食に類似しています。日本食では植物性油、地中海食ではオリーブオイルが多く使われるという違いはありますが、日本人には取り入れやすい食事かもしれませんね。0907083
地中海食の食材の中でも、特に健康効果が高いとして注目をあびているのが「オリ ーブオイル」。オリーブオイルには大きく分けて2つあります。
◎バージンオリーブオイル
新鮮なオリーブ果実から化学処理をしない方法で採取したもの。そのうち、専門家による官能検査と酸度によって選ばれたもののみがエキストラバージンと呼ばれます。
◎ピュアオリーブオイル
バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドしたもの。
バージンオリーブオイルは生食用に、ピュアオリーブオイルは加熱用に向いています。

オリーブオイルの成分で重要なのはオレイン酸です。オレイン酸はオリーブオイル中の脂肪酸の約70~80%を占めています。
《オレイン酸の働き》
・ LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を低下させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させる。
・ 胃酸の分泌を調節する。
・ 腸を滑らかにし、腸の運動を高める。

また、オレイン酸には酸化しにくいという性質があり、老化や生活習慣病の原因といわれる活性酸素の除去に働くともいわれています。世界7カ国(アメリカ、フィンランド、オランダ、イタリア、ユーゴスラビア、ギリシャ、日本)を対象に食習慣と冠動脈疾患の発症率を調べた研究でも、イタリア南部やギリシャなど地中海沿岸地方に住む人は、高脂肪食にもかかわらず、同じ程度の脂肪摂取量である北欧諸国の人などに比べて血清コレステロール値が低く、冠動脈疾患死も少ないことが報告されています。この結果から、地中海食が提唱され、オリーブオイルの健康への効果が、科学的にも一躍脚光を浴びるキッカケをつくりだしたそうです。
0907082 みなさんも食卓にオリーブオイルを置いて、地中海食を実践してみてはどうでしょうか。ただし、いくら健康によいからといっても油は油ですので摂りすぎには注意が必要です。
病院の食事にもオリーブオイルを使ったパエリアやトマトソース料理などの地中海食を取り入れていけたらなと思っています。

栄養科 管理栄養士 K.K

| | コメント (0)