2015年2月16日 (月)

あなたの爪は大丈夫ですか?

Tsumekiri 突然ですが、2月10日は何の日だったでしょう?
ニットの日、ふきのとうの日などありますが、私が言いたいのは「フットケアの日」です!!
フットケアとは、簡単に言うと、足を観察して適切なお手入れをし、足病変を治療、予防することです。血糖値が高い状態が続くと細菌や水虫などの感染に対する抵抗力が低下し、感染が進んで化膿しやすくなります。爪白癬もそんな足病変の一つです。爪白癬は足や手指に感染した白癬菌が放置され、爪にまで広がったものです。爪の混濁、肥厚、変形、落屑といった外見上の変化のみならず、爪の肥厚に伴って靴を履く時の痛みや歩行困難等が出現するなど、肉体的・精神的な負担もかかります。また、治療せず放置することで、自分の体の他の部位や家族などのまわりの人にもうつる可能性があります。
爪白癬の治療には、原因となる白癬菌を退治する薬が使われます。完治するには爪が生えかわるまでの時間がかかります。足の爪が完全に生えかわるには約1年かかると言われますが、年齢やどの爪かによって爪が伸びる速さが異なるので、根気良く治療を続ける必要があります。

最近、爪白癬に対する新しい薬が発売になりました(今のところ当院では採用していませんが)。エフィナコナゾールを有効成分とする日本初の外用爪白癬治療剤です。今までは、爪白癬の薬は飲み薬しかありませんでした。しかし、その飲み薬には肝障害等の副作用や他の多くの薬物との相互作用がみられることがあり、高齢者や複数の薬剤を服用されている患者様では使用が制限される場合がありました。塗り薬にすることで、これらの問題に関係なく安全に治療できるようになりました。足を清潔に洗った後、エフィコナゾール外用液を1日1回、医師から指示された爪全体に塗ります。約1年間、きれいな爪になるまで根気強く続けましょう。爪白癬を再発させないために、足の水虫も一緒に治療するのがよいです。フットケアの方法は各種ホームページで検索してみてください。

当院にもフットケア外来があります。お困りの方には受診をお勧めします。

 糖尿病療養指導士&薬剤師 M

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

糖尿病療養指導士だより~第49回のぞみの会「平成ドレミの会」ブース大好評でした!~

 

Photo 第49回のぞみの会が11月9日(日)に開催されました。
当日は朝から雨模様というあいにくのお天気でしたが大勢の方にご参加いただきました。
私たち糖尿病療養指導士「平成ドレミの会」のブースでは今年のテーマは「STOP!動脈硬化!!」でした。パネル展示やミニクイズを実施し、楽しく動脈硬化について知っていただきました。

 また、内臓脂肪体験コーナーでは実際にお腹に付けてもらい体感していただいた方からは驚きの声が多く聞かれました。「糖尿病料理教室レシピ」の方も今年も好評をいただきました。ブースに立ち寄っていただいた多くの方々、ありがとうございました!

糖尿病療養指導士 T

| | コメント (0)

2014年10月14日 (火)

寝る子は痩せる!?~しっかり睡眠をとりましょう~

突然ですが、あなたはしっかり眠れていますか?
倉敷平成病院の糖尿病療養指導士チーム「ドレミの会」では来月ののぞみの会で「STOP!動脈硬化!!」をテーマにブースを開きます。そんなわけで最近、動脈硬化やメタボリックシンドロームについて調べていると、気になる記事がありました。

「睡眠時間が短い人は太りやすい」
睡眠時間と肥満の関係についてはいくつかの研究グループが調査を行っていますが、いずれも睡眠が短いと体重が増えたり、食欲が増進される傾向があるという結果が出ています。
米国の研究では、
・平均睡眠時間が7~9時間の人と比べて、4時間以下の人では73%、5時間の人では50%、6時間の人でも23%に肥満傾向が見られた。
・平均睡眠時間8時間の人と比べて、5時間以下の人は、血中のグレリン(食欲増進ホルモン)が14.9%も増加し、逆に血中のレプチン(食欲抑制ホルモン)は15.5%も減少。*つまり食欲旺盛なうえに、「お腹いっぱい」と感じるホルモンが少ないため食べ過ぎる、ということになります。

私たちの身体は、覚醒している日中はエネルギー代謝を上げ、睡眠中は体温も代謝も20141014下がり、エネルギーを保存するように働きます。しかし睡眠不足になると、朝起きても眠気が強いために朝食を抜く傾向が見られ、その代わり夜の食事が重くなる傾向があります。現代人は夕食時間も遅くなりやすく、寝る直前まで食べてしまう傾向があり、その結果脂肪として蓄積されやすくなります。
 また、睡眠不足が続くと食欲増進ホルモンが増えてしまうことから、炭水化物や糖分などが欲しくなる傾向があります。寝不足の時に限ってこってりしたラーメンやケーキが欲しくなる、という人は要注意!食事の量や食事を食べる回数が増えることで体に余分な脂肪をため込んでしまうのです。
もうひとつ、やせない理由は睡眠不足で基礎代謝が落ちるためです。基礎代謝をアップさせる作用をもつのは成長ホルモンですが、これが大量に分泌されるのはノンレム睡眠時。うまく寝られなくて浅い睡眠状態が続けば成長ホルモンの分泌が減り、睡眠中のカロリー消費量が減ってしまうのだそうです。
さらに寝不足による疲れから日中の運動量も低下。その結果、太りやすくなると考えられます。 

何をやってもなかなか痩せないという人は、あれこれとダイエット法を試すより、まずは睡眠時間を見直してみるほうが効果的かもしれません。

では、参考までによく眠るためのコツをご紹介。
・食事は寝る3時間までに済ませる。
・コーヒーやタバコ、飲酒は控えてリラックス。
・寝る直前にパソコンやTV、携帯、ゲームをやりすぎない。

試してみてください。

糖尿病療養指導士 管理栄養士 A子

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

糖尿病とバイオシミラー

 

Photo 「ジェネリック医薬品」は、多くの方々に熟知されるようになりました。新薬特許出願から20年経過すると、その薬効成分に対して、どの製薬会社でも、同じ薬効成分を含んだ医薬品を自由に製造できるようになります。数段階にわたる臨床開発試験など、新薬メーカーが多額の資金を投入して販売開始した「先発医薬品」と比較すると、「ジェネリック医薬品」は開発費用が少なくて済むため、より安価に医薬品を販売提供できます。かつては粗悪な医薬品の流通が懸念されていましたが、近年は、高い技術力により、先発医薬品よりも高品質なジェネリック医薬品が、患者さんに提供されるようになっています。海外に比べると日本国内でのジェネリック医薬品使用率は低く、医療費削減の観点からも、医療機関や開局薬局にはジェネリック医薬品を使用促進することが求められています。実際に、糖尿病薬物治療においても、多くの患者さんに「ジェネリック医薬品」が使用されています。

 数年前から「バイオシミラー」という言葉を、よく聞くようになりました。簡単に言うと、「バイオテクノロジー応用医薬品(バイオ医薬品)」の「ジェネリック医薬品」です。2015年には、インターフェロンや成長ホルモン、抗体医薬品など多くのバイオ医薬品特許切れが相次ぎ、多くの「バイオシミラー」が登場すると言われています。糖尿病領域でも、その「バイオシミラー」が登場する予定です。1920年代インスリン発見当時は動物から抽出したインスリンを治療に使用していましたが、やがて、組み換えDNA技術によって合成された高品質なヒト型インスリンが治療に使用されるようになりました。今では、速効型、超速効型、中間型、持効型、2種混合製剤など、多様なインスリン製剤が登場しています。近日、「持効型」インスリンの「バイオシミラー」が登場する予定です。

 「バイオシミラー」は、化学合成された低分子化合物の「ジェネリック医薬品」とは、分けて考えられます。バイオ医薬品は、細胞培養技術を用いた製法により製造され、構造も複雑なため、安定的に同じ効果を出すには高い技術が必要です。大腸菌や動物由来細胞に特定分子を大量発現させても、できあがった細胞は製薬会社ごとに異なるものであり、単純に同じアミノ酸配列の物質を作成しただけでは同じ効果が発揮されるとは限りません。医薬品となる分子が機能を発揮するための3次元構造、糖鎖修飾などのタンパク質の表面構造、他の機能タンパク質との発現量構成比なども、同じように再現される必要があります。大腸菌と動物由来細胞でも、バイオ医薬品の製造技術は大きく異なり、より高度な動物由来細胞で作成するものほど、より高い技術が必要になります。その点から、「バイオシミラー」には、有効性・品質に関する試験だけでなく、ジェネリック医薬品で実施されていない安全性・同等性などについて、先発医薬品に準じた厳しい臨床試験が義務付けられています。

糖尿病療養指導士/薬剤師 いっちー

| | コメント (0)

2014年8月12日 (火)

熱中症には要注意!

毎日暑い日が続いていますね。 皆さん熱中症に注意されていますか? 熱中症は屋内でも20140812発症する方が多く、室内だから安心ということはありません。
適度な温度管理と水分摂取が大事です。
また、食欲が低下してそうめんやうどんなどに偏りがちですが、そんな時こそバランスの良い食事が暑い夏を乗り切るために大事です。
旬の夏野菜はビタミンが豊富で彩りも良く食欲をそそります。
バランスの良い食事をして夏を乗り切りましょう!

糖尿病療養指導士  看護師 M・J

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

「写真で食事記録」~糖尿病療養指導士から~

Today 消費税が8%になって早4か月。4月になってからあまり買い物をしていないので今一実感がわきません。それもこれも2月から3月にかけて駆け込みでいろいろなものを大量購入したからです。中でも本の割合が大きいのですが、とても素敵な1冊に出会いました。
話題になった本なのでご存じの方もいると思いますが、「TODAY’S BREAKFAST」という本です。

山崎佳さんがInstagramという画像投稿SNSに定点撮影した朝食をUPしたものをまとめた本です。今では30万フォロワーを超えています。
写真をみれば誰もが「誰か私にこんな朝食を作って!」と思うはずです。
私はこの本を毎日うっとりと眺めながらそう思っていましたが、ある日生活習慣病センターに来られている患者さんが、食事記録を持ってきてくれ、その力作にとても感動しました。

            
 *患者さんの了承を得て掲載しています。
Kiroku1

何を食べたか?量はどのくらいか?が一目瞭然なため、より具体的な指導をすることができました。
Kiroku2
感化された私も時間がある時は自分の食事を写真で残してみることにしました。

初めての記録 
Tyosyoku ブルーベリーマフィン
ブロッコリーとレタス くるみ味噌添え
レンコンのハニーマスタード和え、寒天の酢の物、いちご

ブランチ 
Tyusyoku プレッツェルクロワッサン(グランフロント大阪で開店前に並んでゲット!一回は食べてみる価値あり!!)
豆腐のスクランブルエッグ風
グリーンリーフ、トマト
ジャガイモのクミンシード炒め

      

ある日の夕食 
Yusyoku 玄米ご飯(押し麦、ハトムギ、そば米入り)
ふのりと納豆の味噌汁(自分で作った味噌)
ニラとえのきのポン酢生姜和え
ごぼうの金平
筍の和風ジェノベーゼ
ジャガイモのおやき

色合いや栄養バランスを考えながら料理をすることはなかなか難しいことですが、丁寧に盛り付け、しっかり味わって食べる事で満足感が得られ食べ過ぎ防止につながったような気がします。
一時期レコーディングダイエットが流行りましたが、これからは写真で簡単にレコーディングできますね!
しばらく食事を写真に残すことを続けてみようと思います。
そして本が出せるくらいまでレベルアップさせます!

管理栄養士S.N

| | コメント (0)

2014年6月11日 (水)

第57回日本糖尿病学会へ参加してきました

去る5月22日~24日、第57回日本糖尿病学会年次学術集会が大阪で開催され参
加してきました。大阪国際会議場、リーガロイヤルホテルを中心にホテルNCB、堂島リバーフォーラムと4か所で特別講演・教育講演、シンポジウム、演題・ポスター発表などが行われました。

当院からも3日目に、栄養科が塩分について看護部が透析予防指導について演題発表させていただきました。日本糖尿病学会年次学術集会への参加がはじめてだったのでその規模の大きさに驚きましが、全国から医師、多職種のコメディカルが多数参加し立ち見の見られる会場も多く、活発な意見交換が行われた有意義な学会でした。

中でも、「人生100年考えて生きる」をテーマにした有名建築家の安藤忠雄先生の講演は、大盛況でした。私が会場に駆け付けた時には、人があふれ出している状態で残念ながら拝聴できませんでした。高齢化社会の今、100年を生きておられる方も多いですが単に寿命が延びるのではなく、生き生きと生きるための健康寿命が大切です。Tonyo

近年糖尿病においてはDPP―4阻害薬、SGLT2阻害薬といった新薬が次々と発売され、CGM(連続グルコースモニタリング)を利用した血糖コントロールと治療の幅が広がり、目まぐるしく変化しています。そのような中、糖尿病に関わる医療従事者は合併症の発症、進展を阻止して健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、健康な人と変わらない寿命の確保といった目標を根底に日々患者さまと関わらせていただいています。

一緒に参加した栄養士さんと当院でもこれ取り入れてみたいねなどと話をしながら楽しく、充実した3日間となりました。今回の学会で得た専門的な情報や知識が少しでも患者さまに反映できるように頑張りたいと思います。

糖尿病看護認定看護師 I

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

運動療法について~糖尿病療養指導士から~

こんにちは!初夏の風もさわやかな今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか? 日中は汗ばむほどの陽気、夏へのトレーニングといった感じです。 011_s

トレーニングと言えば私事ですが、運動も始めるのにいい季節なのもあり、ゴルフを始めました。 まだ打ちっ放しの経験しかないですが球に当たると楽しく、飽き性の私でも続けられています。

糖尿病指導士らしい事をいうと運動療法は食事療法、薬物療法とともに糖尿病治療の3本柱です。

運動の種類としては歩行、ジョギング、水泳、自転車など全身の大きな筋を使った有酸素運動がお勧めです。
先ほどのゴルフは運動の強さでいうと『軽い』分類に分けられます(平均の場合) 運動によるエネルギーの消費量は、
エネルギー消費量(Kcal/Kg/分)×体重×運動時間(分)で求められます

例)ゴルフの場合 0.0835×60×15=75.15 となります。

運動の持続時間は糖質・脂質の効率のよい燃焼のため20分以上が望ましいとされています。 運動するタイミングは血糖値が上がる食後1~2時間の間が1番効果的です。 運動の実施頻度としては週に3~5日以上行うのが望ましいです。

最近の研究では細切れでも週に通算150分以上の運動を行うと代謝コントロールに効果的であるといわれています。 ゴルフに限らず運動療法は長く続けていくことが大切です。なるべく長く続くような時間帯と運動量にしましょう。

ちなみに、食後すぐに運動は糖質の消化と吸収を悪くするのでやめて下さいね。 私は運動療法の一貫としてゴルフを続けていくつもりです(^^)/  

たな

※上記のイラストはこちらのページのものを使用しました

| | コメント (0)

2014年4月30日 (水)

狭心症・心筋梗塞に注意しましょう

お花見の候、皆さんいかがお過ごしですか?
ピンクの花びらが舞う病院への道すがら少しの間幸せを感じます。

 さて、糖尿病の合併症に大血管障害があり狭心症や心筋梗塞などを発症しやすい事はよく知られているところです。
糖尿病患者さんが心筋梗塞をおこすリスクは健常者の3倍以上といわれ、さらに糖尿病の70%に認められる神経障害によって急性でも「無症候性で否定形的」、つまり通常ではかなりの胸の痛みや圧迫感を感じますが、糖尿病の患者さんは典型的な症状がなく発見が遅れる可能性があります。Flower0370

 私自身も救急室で勤務していたとき、「少し息苦しい、座ったほうが楽、背中がだるい。」との訴えだけの70歳代の男性。心電図の検査をして急性発症の心筋梗塞と分かりすぐに心臓カテーテル治療のできる病院に転院していただいたケースを経験しました。
心筋梗塞や狭心症は冠動脈という心臓を取り巻く血管の詰まりや狭窄によって起こります。一旦詰まってしまえば一刻を争う治療が必要となりますが、実はこの冠動脈の狭窄(血管内の狭さの程度)を調べる検査があります。

 これは「冠動脈CT」というもので倉敷平成病院でもこのたび、2月から新CTを導入し、検査を受けられるようになりました
 
80ct_7 造影剤を使用して冠動脈の血管の内部をCTで撮影していくもので安全にかなり詳しくわかるようになっています。循環器科の医師、放射線科の医師の指示のもと心拍数を安定させて看護師と連携しながら放射線技師の腕のみせどころです。心筋梗塞が起こる前に狭窄部位が発見できたら尊い生命が救われます。医学の進歩・・すごいですよね!もちろんこれは糖尿病の方だけの検査ではありません。心臓に不安をお持ちの方は一度主治医にご相談してみられたらいかがでしょうか。

ところで桜はピンクって思っている方。緑色の桜があるのご存知ですか?
淡い緑で大人っぽい・・・もう一度花見に行こうかな!
          
糖尿病療養指導士 K   

(この記事は4月上旬に記載されましたが、4月30日アップといたしました。 秘書室)   

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

平成病院で一番アットホームなチーム『ドレミの会』

 1 平成26年3月7日(金)、糖尿病新薬についての勉強会を開催、勉強会後には糖尿病療養指導士の定例会議を行いました。今回の勉強会は発売予定の新薬についてをテーマに、製薬会社の方に説明していただきました。糖尿病薬や関連機器は日々進化しており、常に情報収集しなければ時代遅れになってしまうと実感しています。
 私は理学療法士なので、糖尿病に対する運動療法についての情報は比較的入手しやすいですが、薬に関する情報はうとい傾向があります。定期的に新しい薬や機器についての勉強会が開催されており、どの職種も情報収集ができる機会を作ってもらっているので、正直助かっています。また、勉強会は製薬会社の方や他院の医師など院外から講師をお招きすることが多く、身になる勉強会が多いと思います。2
 当院では、糖尿病療養士が集まり「ドレミの会」を結成し、定例会議を毎月行っています。ここで新薬の情報や糖尿病治療に対する最新の動向、イベント企画など話し合い、勉強会の企画も行っています。ドレミの会は、生活習慣病センター診療部長である青山医師を中心に、糖尿病看護認定看護師、外来・病棟看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士といった他職種から成っているチームで、同じ糖尿病療養指導士でも、職種によって得意とする知識が異なるため、専門分野以外の情報を聞くことができ、新しい刺激を頂いています。メンバーには各部署の部長や主任など管理職の先輩も多いですが、誰でも意見が言いやすい雰囲気で、私は、平成病院で一番アットホームなチームと思っています。  


糖尿病療養指導士 S

| | コメント (0)

より以前の記事一覧