2014年12月15日 (月)

平成26年度 倉敷平成病院リハビリテーション部研修会のご案内『中枢神経障害に対する上肢機能の評価と治療』

この度、下記の内容にて研修会を開催する運びとなりましたので、ご案内いたします。
臨床において、上肢の治療に関わることは多いですが、痛くて動かせない・手は動くのに生活場面で使えない等、難渋する機会も多いと思います。
今回は『中枢神経障害に対する上肢機能の評価と治療』をテーマに、上肢の機能解剖から評価、治療について実技を交えて鍛冶実先生にご講義頂く予定です。
大変お忙しい時期ではあると思いますが、ご興味のある方は奮ってご参加頂けたらと思います。

                             

日時:平成27年2月7日(土) 14時~18時
             8日(日)   9時~16時

講師老健あこう 鍛冶実先生

場所倉敷平成病院 リハビリテーションセンター

プログラム:2月7日(土)
       13時30分~13時55分:受付
       13時55分~14時   :講師紹介、オリエンテーション
       14時   ~15時30分:片麻痺者の姿勢分析と治療戦略
       15時40分~16時40分:道具操作と知覚運動循環
       16時50分~18時   :ビデオケーススタディー

       2月8日(日)
         9時   ~10時10分:ビデオケーススタディー
       10時20分~11時20分:治療デモ
       11時30分~12時   :振り返り
       12時   ~13時   :昼休憩
       13時   ~15時   :手指・手関節・肩の機能解剖と治療戦略
       15時10分~16時   :作業療法士のアイデンティティー

対象:理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

参加費:5,000円
※7日(土)終了後、倉敷駅前で懇親会を予定しています。参加される方は別途4,000円必要です。

定員:40名(実技を予定していますので、Tシャツ、ジャージ等動きやすい服装でお願いします)

申込方法倉敷平成病院のホームページ上にあるリハビリ勉強会申込フォーム内の講習会名『上肢機能の評価と治療』を選択し、必要事項を記入の上、お申込み下さい。

申込締切平成27年1月18日必着でE-mailにてお申込み下さい。受講可否は締切以降にE-mailにてご返信いたしますので、下記アドレスからのメールを受け取れる状態にしておいて下さい。

事務局
:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38
            倉敷平成病院 リハビリテーション部 西悠太
TEL:(086)427-1111  E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

2014年11月 2日 (日)

『第15回 成人中枢神経系研修会』~リハビリ勉強会開催報告~

 

Photo_2 平成26年10月11~13日の2日半、当院リハビリテーションセンターにて「成人中枢神経系研修会」が開催されました。講師には、宝塚医療大学 理学療法学科 副学長の弓岡光徳先生をお招きしました。弓岡先生は、日本でも少ないボバースアプローチ国際インストラクターの資格をお持ちです。今回の研修会は県内外から多くの参加希望があり、40名近くの方々に参加していただきました。

 講義の内容としては、基礎となる運動学の説明、起居動作における筋活動やその誘Photo_3 発方法、中枢神経疾患の方に対する上肢機能や歩行分析、またそこに対する治療方法などを丁寧にご指導していただきました。そして、患者様にも協力していただき弓岡先生やアシスタントの先生方による治療デモンストレーションも見学させていただきました。先生がハンドリングを行うと患者様の動きがみるみる良くなり、より安定した円滑な動作が行えるようになっていることに驚きました。治療を終えた後の患者様は、嬉しそうに動きが良くなったことを話されていました。とても貴重な経験となり、私もこんな治療ができるセラピストになりたいと心から思いました。

 今回先生方に学んだ治療を患者様に提供し、より患者様の力になれるよう研鑽していこうと思います。弓岡先生をはじめアシスタントの先生方、参加してくださったセラピストの皆様、本当にありがとうございました。


リハビリテーション部 OT 大西愛理

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

平成26年度倉敷平成病院リハビリテーション勉強会のご案内『神経障害性疼痛に対する理学療法アプローチ』

 

この度、下記の内容にて講習会を開催する運びとなりました。今回は「神経障害性疼痛に対する理学療法アプローチ」をテーマに亀尾先生をお招きし、お話して頂きます。臨床において神経障害性疼痛は理学療法を難渋させる問題となります。神経障害性疼痛には様々な症状や訴えがあり、捉え難いものだと思います。この講習会では神経障害性疼痛をクリニカルリーズニングの観点から捉えどのように臨床に活かしていくか実技を交えてご講義頂く予定です。
 大変お忙しい時期ではあるかと思いますが、興味のある方は奮ってご参加頂きたいと思います。

                               記

日 時:平成26年12月13日(土) 14時~18時(受付13時30分~)
                14日(日)  9時~16時
              *1日目終了後に懇親会を予定しております。

講 師亀尾 徹先生(新潟医療福祉大学 医療技術学部 理学療法学科 准教授)

場 所倉敷平成病院 リハビリテーションセンター

参加費:10,000円
       *懇親会に参加される方は別途4,000円が必要です。

定 員:30名(実技を予定していますので、動きやすい服装でお願いします)

申込方法:倉敷平成病院のホームページ上にあるリハビリ勉強会申込フォーム内の講習会名『神経障害性疼痛に対する理学療法アプローチ』を選択し必要事項を記入の上、お申込み下さい。

締 切
:平成26年11月20日までに勉強会申込みフォームにてお申込み下さい。
     応募者が多数の場合はお断りする場合がありますのでご了承ください。
     受講可否は応募締め切り後、1週間以内にE-mailにてご返信いたします。

事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38
            倉敷平成病院 リハビリテーション部 理学療法科 小畑 貴章
     TEL:086-427-1111
           E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

平成26年度 倉敷平成病院リハビリテーション勉強会のご案内『第15回 成人中枢神経系研修会』

 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、今年も下記の日程で成人中枢神経系研修会を開催致します。中枢神経疾患は我々セラピストが臨床で遭遇する頻度が多い疾患でありながら、その病態は多岐にわたり、解決できない多くの問題を抱えることが多い疾患でもあります。
そこで今回、身体運動学と神経科学に基づき、中枢神経疾患を有するクライエントの運動を理解し、治療を組み立てる基礎となる評価、ハンドリングについて、弓岡光徳先生にご指導頂く予定です。当日は患者さんにもご協力いただき、講師による治療デモンストレーションも予定しております。大変お忙しい時期かと思いますが、ご興味のある方は是非、奮ってご参加頂きたいと思います。

                            記

日  程:平成26年10月11日(土)・12日(日)・13日(月・祝)

講  師:宝塚医療大学 理学療法学科 副学長
      弓岡 光徳先生
(ボバースアプローチ国際インストラクター)

場  所:倉敷平成病院 リハビリテーションセンター

内  容:Photo_2

対  象:理学療法士・作業療法士

参加費:10,000円(*懇親会に参加される方は別途4,000円が必要です)

定  員:40名(*実技を予定していますので、Tシャツ、ジャージ等動きやすい服装でお願いします)

申込方法:倉敷平成病院のホームページ上にあるリハビリ勉強会申込フォーム内の講習会名『成人中枢神経系研修会』を選択し、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

締  切:平成26年9月末必着でE-mailにてお申込み下さい。
      定員になり次第締め切らせて頂きます。受講可否はE-mailにてご返信いたします。
     下記アドレスからのメールを受け取れる状態にしておいて下さい。

事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38 倉敷平成病院 リハビリテーション部
     津田陽一郎 TEL:(086)427-1111 E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

平成26年度「中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概要を学ぶ~」について -リハビリ勉強会開催報告-

 

1 平成26年6月28・29日の2日間にわたって、当院リハビリテーションセンターにて「中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概要を学ぶ~」というテーマで勉強会が開催されました。
講師には上伊那生協病院、理学療法士の大槻利夫先生をお招きいたしました。大槻先生には昨年も来院して頂いており、今回も県内外から総勢50名の方々に参加して頂きました。

 今回の講習では、ボバース概念における臨床推論や治療に重要な感覚システムについて、また、患者さまの治療デモンストレーションでは実際の患者さんに2日間にわたってお越し頂き、中枢神経障害をどのように評価・解釈し、治療に繋げていくかを考えていきました。
2日間同じ患者さまの治療を見学させて頂く機会は初めてであり、意見交換や実技練習などを踏まえて2日目の治療デモの理解を深めることが出来ました。2

 私が今回の勉強会で学んだ事は、治療の方法として観察や評価した現象を深く分析しながら介入し、再評価・分析・解釈を繰り返しながら患者さんの問題点・潜在能力・機能的目標を明確にしていく中で問題解決をしていくことが大切だということです。実際の患者さまの良い点・問題点などを考えていく中でどのようなところに着目すべきか、先生はもちろん、参加された多くのセラピストの方からの意見を聞き、たくさんのヒントを得ることが出来たように思います。
また、実際の臨床でよく見られる症状に対してのアプローチ方法を分かりやすく教えて頂けたため、次の日の臨床にすぐ生かせる知識・技術を学ぶことができ、とても有意義な2日間となりました。

 今回の勉強会で得たことを治療に生かし、しっかりと患者さんと向き合いながら日々成長していけるよう研鑽していこうと思います。
大槻先生、本当にありがとうございました。

リハビリテーション部 作業療法士 福井

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

平成26年度倉敷平成病院リハビリテーション部勉強会のご案内『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概要を学ぶ~』

 さて、このたび、下記の内容にて講習会を開催する運びとなりました。中枢神経障害は、セラピストが治療対象とすることが多い障害の1つです。臨床場面で対象者の障害像は、病巣による直接の障害に加え、個人因子や環境因子が相互関連しながら表出されているため、病態の解釈に難渋することが多いかと思います。今回、『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法~最近のボバース概念を学ぶ~』というテーマで、中枢神経障害をどのように評価・解釈し、治療につなげていくか。また、最近のボバース概念の要点を交えながら、大槻利夫先生に講義、実技を交えてお話していただく予定です。大変お忙しい時期ではあるかと思いますが、興味のある方は奮ってご参加頂きたいと思います。

                          記

日 時:平成26年6月28日(土) 14時~18時(受付 13:30~)
             29日(日)   9時~15時

講 師:大槻利夫先生(上伊那生協病院 理学療法士)

場 所:倉敷平成病院 リハビリテーションセンター

内 容:講義・実技

参加費:10,000円

定 員:30名(当日は実技を予定しますので、ジャージ等実技のできる服装をご用意下さい)

申込方法:当院HP リハビリテーション部のページ上にある応募フォームに必要事項を記入の上、お申込み下さい。

締 切:平成26年5月30日
※応募者が多数の場合はお断りする場合がありますので、ご了承下さい。
 受講可否は6月6日頃までにE-mailにてご返信いたします。

事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38
倉敷平成病院 リハビリテーション部 理学療法科 伏見恭一
TEL:086-427-1111  E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

平成25年度 倉敷平成病院リハビリテーション勉強会『疼痛に対する理学療法』

 拝啓、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 この度、下記の内容にて講習会を開催する運びとなりました。今回は『疼痛に対する理学療法』をテーマに、亀尾先生をお招きし、お話して頂きます。臨床において疼痛は理学療法を難渋させる問題となります。疼痛には様々な症状や訴えがあり、捉え難いものだと思います。この講習会では疼痛をクリニカルリーズニングの観点から捉えどのように臨床に活かしていくか実技を交えてご講義頂く予定です。
 大変お忙しい時期ではあると思いますが、興味のある方は奮ってご参加頂きたいと思います。

                           ―記―

日時:平成25年12月14日(土) 14時~18時(受付:13時30分~)
             15日(日)   9時~16時
※1日目終了後に懇親会を予定しております。

講師:亀尾 徹先生(新潟医療福祉大学 医療技術学部 理学療法学科 准教授)

場所:倉敷平成病院 リハビリテーションセンター

参加費:10,000円  ※懇親会に参加される方は別途4,000円必要です

定員:30名(実技を予定していますので、動きやすい服装でお願いします)

申込方法:倉敷平成病院のホームページ上にある『リハビリ勉強会申込フォーム』内の講習会名『疼痛に対する理学療法』を選択し必要事項を記入の上、お申込下さい。

締め切り:平成25年11月24日(日)までに、勉強会申込フォームにてお申込下さい。応募者が多数の場合はお断りする場合がありますのでご了承下さい。
受講可否は応募締め切り後、1週間以内にE-mailにてご返信いたします。

事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38
     倉敷平成病院 リハビリテーション部 理学療法科 小畑貴章
     TEL:086-427-1111
     E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

平成25年度 倉敷平成病院リハビリテーション勉強会『第14回 成人中枢神経系研修会』

 拝啓、時下益々のご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、今年も下記の日程で成人中枢神経系研修会を開催致します。内容としては、2日半を通して、身体運動学(キネシオロジー)と神経科学に基づき、患者さんにご協力いただきながら、講師による治療デモンストレーション、中枢神経系疾患の評価と治療に関する講義、基礎ハンドリングの実技など、中枢神経系疾患に介入するための、基礎的な知識や考え方の習得を目的に行います。興味のある方は奮ってご参加いただきたいと思います。1日目の終了後、懇親会を行いますので、是非ご参加いただき交流を深めていけたらと思います。宜しくお願い致します。

                         ―記―

日時:平成25年11月2日(土)・3日(日)・4日(月・祝日)
場所:倉敷平成病院 リハビリテーションセンター
講師:宝塚医療大学 保健医療学部 理学療法学科教授
    弓岡 光徳先生(ボバースアプローチ国際インストラクター)
対象:理学療法士・作業療法士
参加費:8,000円 ※懇親会に参加される方は別途4,000円必要です
定員:40名(原則として3日間参加できる方)
所持品:実技を予定していますので、Tシャツ、ジャージ等動きやすい服装でお願いします。

【プログラム内容】
1

申込方法:倉敷平成病院のホームページ(http://www.heisei.or.jp)上にあるリハビリ勉強会申込フォーム内の講習会名『成人中枢神経系研修会』を選択し、必要事項をご記入の上、お申込下さい。
締め切り:平成25年10月26日(土)必着でE-mailにてお申込下さい。定員になり締切らせて頂きます。受講可否はE-mailにてご返信いたします。
事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38
倉敷平成病院リハビリテーション部 津田陽一郎
TEL:(086)427-1111 E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

                                                  以上

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

平成25年度倉敷平成病院リハビリテーション勉強会のご案内

平成25年度倉敷平成病院リハビリテーション勉強会のご案内
『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法』

倉敷平成病院1階リハビリテーションセンターで開催されます講習会のご案内いたします。

Illust750_2 中枢神経障害は、セラピストが治療対象とすることが多い障害の一つです.臨床場面で対象者の障害像は,病巣による直接の障害に加え,個人因子や環境因子が相互関連しながら表出されているため,病態の解釈に難渋することが多いかと思います.今回,『中枢神経障害に対する臨床推論と運動療法』というテーマで,中枢神経障害をどのように評価・解釈し,治療につなげていくかを大槻利夫先生に講義,実技を交えてお話していただく予定です.大変お忙しい時期ではあると思いますが、興味のある方は奮ってご参加いただきたいと思います.

日 時: 平成25年7月6日(土) 14時~18時(受付13:30~)
           7月7日(日) 9時~15時

講 師: 大槻利夫先生(上伊那生協病院 理学療法士)
場 所: 倉敷平成病院 リハビリテーションセンター
内 容: 講義・実技
参加費: 10,000円
定 員: 30名 (当日は実技を予定しますので,ジャージ等実技のできる服装をご用意ください)

申込方法: 当院HP(http://www.heisei.or.jp/)リハビリテーション部のページ上にある応募フォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。

締め切り:平成25年6月7日
     応募者が多数の場合はお断りする場合がありますのでご了承ください。
     受構可否は6月14日頃までにE-mailにてご返信いたします。

Illust746_2 事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38  
倉敷平成病院 リハビリテーション部 理学療法科 戸田晴貴
TEL:086-427-1111  E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

平成24年度倉敷平成病院リハビリテーション勉強会のご案内『変形性膝関節症の理学療法』~発祥の成因から診療ガイドラインまで~

平成24年度倉敷平成病院リハビリテーション勉強会のご案内
『変形性膝関節症の理学療法』
~発症の成因から診療ガイドラインまで~

拝啓、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、下記の内容にて講習会を開催する運びとなりました。今回は「変形性膝関節症の理学療法」をテーマに8名の先生をお招きし、お話して頂きます。変形性膝関節症(膝OA)に対する理学療法を行うための基礎知識として、正常軟骨のバイオロジーと軟骨の変性・破壊機序、歩行時の膝関節の運動力学的研究のエビデンス、膝OAに対する理学療法ガイドラインについて講義して頂く予定です。大変お忙しい時期ではあると思いますが、興味のある方は奮ってご参加いただきたいと思います。
                                                                                                            敬具

                                                        -記-

日 時:平成25年2月16日(土) 14時~19時(受付13:30~)
17日(日) 9時~17時
*1日目終了後に懇親会を予定しております
講 師:木藤伸宏 先生(広島国際大学),金村尚彦 先生(埼玉県立大学),小澤淳也 先生(広島国際大学),森山英樹 先生(神戸大学),阿南雅也 先生(広島大学大学院),徳森公彦 先生(広島国際大学),山崎貴博 先生(広島国際大学),田中亮 先生(広島国際大学

場 所:倉敷平成病院 リハビリテーションセンター
参加費:7000円
    *懇親会に参加される方は別途4000円必要です
定 員:80名 
申込方法:倉敷平成病院のホームページ上にあるリハビリ勉強会申し込みフォーム内の講習会名「変形性膝関節症の理学療法」を選択し必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
        
締め切り:平成25年1月15日までに勉強会申し込みフォームにてお申し込みください。
     応募者が多数の場合はお断りする場合がありますのでご了承ください。
     受構可否は応募締め切り後、1週間以内にE-mailにてご返信いたします。

事務局:〒710-0826 倉敷市老松町4-3-38  
倉敷平成病院 リハビリテーション部 理学療法科 小畑 貴章
TEL:086-427-1111
E-mail:heiseikousyuukai@yahoo.co.jp

| | コメント (0)

より以前の記事一覧