2015年2月25日 (水)

訪問看護ステーション

私は、訪問看護ステーションに異動してもう少しで1年が経とうとしています。 Kango2_2


働く環境ががらりと変わり、はじめは緊張もありました。 しかし、職種関係なく和気あいあいと利用者の方の情報交換ができる環境で、 毎日、ご利用の方のご自宅や施設などにお伺いしています。
スタッフの数も多く、訪問車も色々な所で見かけて頂くこともあるかと思います。 利用者の方が、お伺いすることで少し安心したり、体が楽になったりできればと 思いながら、今日も訪問へ行ってきます。

訪問看護ステーション OT MM

| | コメント (0)

2015年1月28日 (水)

食べたいものを一緒に

季節のお料理 2015年が始まって、もう1ヶ月が経とうとしています。おせちをつまみながらの寝正 月がついこの間のようですが・・・。
お正月の後は七草がゆや小豆がゆ、2月には節分の恵方巻きと、この季節には行事とそれ に応じた食べ物がたくさんですね。改めて和食の良さに気がつく事が出来ます

実際、和食は2 013年には無形文化財として登録されました。行事だけでは無く、季節に合わせて、土 地の食材に合わせて様々なすばらしい食べ物が多くあります。Ryori

私が訪問させて頂いている方の中で、月1回料理を一緒に行っている方がいます。 リハビリの一貫として行っていますが、私の方が教えて頂くことがたくさんあります。
以前よく作っていたとおっしゃられる「ぬた和え」や「なすのカラシ和え」は絶品で、今では我が家の食 卓に何度も登場しています。他にも季節の炊き込みご飯、運動会の季節にはおいなりさん をしたり、春にはイチゴ大福を作ったり、「昔食べておいしかったチーズケーキが作ってみた い」などおっしゃられ、その方の「食べたいもの」を中心に楽しく作っています。

普段はお弁当や家族の作った食事を召し上がられるので、ご自分で食事の用意をすることはほと んどないのですが、季節を感じたり、昔作った物を思い出しながら、そして私は料理のレ パートリーを増やすため、次は何を作ろうかと一緒に考えています。

訪問看護ステーション T

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

やってて良かった訪問看護

 

「懐かしい声がする」と外来のロビーで声を掛けてくれる人がいました。誰かな?と思い声のする方をみると、3年前、私が訪問看護師として1年目で、受け持ちをさせて頂いていた方の長男さんのお嫁さんでした。それは・・・「会いたいなぁ~。どうされているかな?」と思っていた方でした。
 週1回、身体の状態をみせてもらい、入浴のお世話、介護の相談などで訪問していました。新米の私は、入浴の時寒くないかしら?きちんと洗えているかな?気持ち良くなったかな?と疑問符だらけの介助をしていたような気がします。お嫁さんの相談にも的確なアトバイスができただろうか?と、一人で訪問する責任の重さと不安で緊張の連続だったように思います。

 でも、いつも笑顔で「また来てね」と言われると、良かった!と嬉しくなりホッとした事も覚えています。その方は、とっても温かい家族のもと、ご自宅で最期を迎えられました。時々、ふっとその時の事を思い出し涙が溢れる時もあります。そんな時、偶然に出会えたのです。
 そして「あの時は家に来てもらえ心強かったです。どうなるかと思ったけど家で看取ることが出来き本当に良かったです」と言って下さったのです。声を掛けて下さった嬉しさと共に、この時の経験がいま訪問看護師として頑張れているんだ!と感じました。
 Photo これからも住み慣れた家で暮らしたい。介護は不安いっぱいだけど頑張りたいと思っている方々のお手伝いができたらと思います。
訪問看護ステーションのホームページがリニューアルしています。ご覧頂き訪問看護を身近な存在に感じていただければと思います。

訪問看護ステーション 居残り女(^^)

| | コメント (0)

2014年8月28日 (木)

訪問看護より

訪問中の一コマです。
初めての在宅、今まで介護の経験がなく、不安なお母さん。234_2



介護指導を丁寧に行い、不安が少しでもとりのぞける様に…。そんな思いで訪問しました。

とても前向きで元気なお母さん、大丈夫そうだな…と思った時お母さんがぽつりと一言。

「お父さんは家に連れて帰って幸せだったんかな?設備が整った病院の方が幸せだったんじゃないかな…。」

その言葉がなぜか心に残りました。介護の心配もですがお父さんの気持ちはどうなのか…。そんな事も一生懸命考えてたんだな。

在宅で介護をすると言う事、それは元気だった時をずっと共に過ごしてきた家族にとっては周りが思う以上にいろんな思いがあるんだ…と思いました。

「いつも助かってます。心強いです。」と言って下さるお母さん。
目の前の今だけを見るのではなく、ずっと一緒に過ごしてきた家族の思いもくみながら関わっていきたいと思いました。

訪問看護      M.I

| | コメント (0)

2014年7月26日 (土)

訪問看護ステーション ~ご利用の方の気持ちを支えていきたい~

夏の暑さも本格的になってきましたね。
この時期の訪問は本当に大変です。車で移動して楽に見えるかもしれませんが、車内の暑さは外の暑さの倍以上に感じます。また、エアコンで涼しくなる前に次のお宅に到着してしまいます。汗だくで訪問することもありますが、皆さん応援して下さいね。
 そんな私ですが、ご利用の方から学ぶことが多く、いつも感動しています。その度に、「私も頑張ろう!」という気持ちになります。今回はそんな一例を紹介したいと思います。

 Photo ある施設に入所されているご利用の方、A様(84歳)は、訪問するといつも「この時を待っとったんよ!」と喜んで下さいます。外を散歩するのが大好きな方なのですが、認知症もあり道に迷ってしまうので、一人で屋外へ出ることが出来ません。訪問の時に少しだけ散歩が出来るのです。その方が外に出ると必ず話されることがあります。「この中(施設)にいるといつも適温で良いように見えるけど、作られた空気の中だから。暑くても外の自然な空気が一番良いなぁ!」と。こんなに暑いけれど、『外で季節を感じられることは幸せなことなんだ』ということを教わった一言でした。
 また、あるお宅のご利用の方、B様(88歳)は、娘さんとお出かけや旅行をすることが大好きな方なのですが、冬に腰痛が悪化して以前のように杖で歩いたり、車に長時間座ったりすることが難しくなっていました。でもまた前の状態に戻りたいと、痛くてもリハビリを頑張っていて、最近やっとまた少し杖で歩けるようになりました。そんなB様がデイケアで書いたと見せて下さった書道の字が『挑戦』でした。どんなにリハビリが辛くても、また旅行に行けるようにと『挑戦』を続けているB様は、本当にすごいと思います。
 これからも、こんな皆様の気持ちを支えていきたいと思っていますので、今後とも訪問看護・リハビリをよろしくお願いします!

訪問看護st. リハビリ K.S

| | コメント (0)

2014年6月25日 (水)

訪問する1件1件を支えられるように

みなさん、はじめまして!いつも「ブログ 倉敷平成病院だより」を読んで頂きありがとうございます。ヘイセイ訪問看護ステーションの理学療法士K・Kです。人事異動により、今年の3月からヘイセイ訪問看護ステーションで勤務しています。慣れない業務に最初はとまどいましたが、だいぶ業務にも慣れてきました。

訪問に移って思ったことは、当ステーションのスタッフが、皆さん明るく、元気で、仕事熱心な方ばかりだということです。病状や身体機能、認知機能だけでなく、家族構成や家族関係、生活スタイルなども考慮に入れた介入や、看護・リハビリだけにとらわれない柔軟な対応をしている同僚たちの姿をみて、感心させられる毎日です。スタッフの明るさや元気が、利用者様の笑顔や活力の素となり、熱心な仕事ぶりが、利用者様の在宅生活を支えているのだなと感じています。2

 私自身まだまだ未熟な点が多く、なかなか利用者様や家族の気持ちや訴え、ニーズを十分に引き出すことが出来ていません。同僚たちを参考に自分自身を変えていき、利用者とその家族に少しでも貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

ヘイセイ訪問看護ステーション 理学療法士K・K

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

「訪問看護・リハビリを通じて」

私は昨年の5月に訪問看護・リハビリへ異動し、あっという間に1年が過ぎました。この1年間を思い返すと、入院でのリハビリと全く環境の違う訪問領域に従事することの難しさと、やりがいをたくさん感じることができたような気がします。今回は私が経験した印象深いエピソードを紹介したいと思います。

 ある日、担当利用者さんのリハビリをしていたところ、「何を目標にしようか」という話題になりました。利用者さんは片麻痺を有しており、歩きづらさが一番の問題となっていました。
本人からは、「いつもの日課にしていた、毎日朝刊をポストに取りに行くことがもう一度できればなぁ。」との希望がありました。
その日からリハビリでは一連の動作練習(玄関での装具の装着、玄関のドアを開けながら外に出る、玄関先の段差昇降、玄関で装具を外す)を繰り返し実施しました。そして一人でも実施できるレベルとなりました。2003
しかし、そこから一人で行うには、“自信”が問題であり、スタッフがいない環境では不安が募ってしまうようでした。そこからはご家族の協力を頂き、リハビリ場面以外での動作の促しを行って頂き、遂に一人で朝新聞を取りに行けるようになりました。

できた話を笑顔でしてくれた利用者さんの笑顔は忘れられません。

 私は“出来ること”を実際の生活で行うことがこれほど難しいとは思ってもいませんでした。それを支援していくことこそ、まさしくリハビリなのだと思います。

この経験を活かして、日々利用者さんと向き合っていきたいと思います。

訪問PT がーしら

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

看護の日によせて

Photo 5月12日は、フローレンス・ナイチンゲールの生誕の日、 また 「看護の日」でもあります。 今年の「看護の日」のキャッチフレーズは、「看護は、元気をリレーする」です。

ポスターには、

会話をする。 血圧を測る。 食事を介助する。
そんな何気ない看護師の行動から、「元気のリレー」がはじまります。
元気のリレー」は、病院だけにとどまりません。
自宅での療養生活を支える 訪問看護もそのひとつ。
住み慣れた暮らしの場に、看護師が元気を運びます。
病室へ。地域へ。そして世の中へ。
今日も、明日も、この瞬間も、
元気のリレー」は、途切れることなく続いて います。

と書かれています。

ヘイセイ訪問看護ステーションでは、看護師・リハビリスタッフが、 毎日元気を届けています。Photo_2
お問い合わせは、下記まで、お願いいたします。

ヘイセイ訪問看護ステーション
倉敷在宅総合ケアセンター4階 電話086-427-3251

 ヘイセイ訪問看護ステーションスタッフ T

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

春は出会いと別れ

今年の冬は何年かぶりの積雪と連日のように気温が上がらず寒かった~という
印象が強い日々でしたね。それでも3月に入ってからは暖かく感じる日が日々増えてきました。
訪問をしている利用者様のお宅やその訪問先に伺う道中で梅や桃などの開花を見る事が春の訪れを感じさせ最近の私の癒しとなっています。それとここ何年か前から、これは感じたくはないのですが、花粉症が発症している私には体で春を感じているでしょうかね?Sakura

自分の誕生日が春という事もありますが、私はこの時期が1年で一番好きです。引越しや卒業、転勤など出会いと別れがつきものなのもこの時期ですね。

私が訪問している方で、認知症の94歳の方がいますが、受け持って3年週1回の訪問で、リハビリを目的とした屋外歩行を続けています。
この1年は特に体調が不安定で何度となくもう、外へは難しいかな?と思わせる場面が何度もありました。が、それを乗り越え今は体調が安定し歩行を続けています。

訪問を利用している方の中では1人での外出は難しく自宅で過ごす時間が殆どで外に出る機会が少ない方が多くおられます。リハビリ的なアプローチはもちろんですが、屋外に出ることで風を感じ、木々や花などを見て季節を感じて頂けると思いなるべく外に出る様心がけています。特にこの利用者様は歩行中にご近所の友人に会われるととても楽しそうに話をされます。

毎回、どなたかに会うのが楽しみの1つともなっているとよいのですが

残念なことに、この利用者様は、色々な事情でこの春、この土地を離れることになりました。

もうすぐ桜の開花です。今回がこの方との最後の花見かな?と少しさみしさを感じています。後何回かの訪問ですが、屋外歩行は続けて行きたいと思ってます。
がんばりましょうね!    
          

訪問看護 Y

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

春よ来い

Illust3632  寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?今月初めの20年ぶりの積雪には本当に驚かされましたねえ!!snowsnowsnowshine無事に皆様のお宅に伺って訪問看護(リハビリ)の仕事ができるかハラハラドキドキcoldsweats02carしながら、訪問車のハンドルを握りしめていました。交通事情でやむを得ず訪問を中止させていただいた方には本当に申し訳ありませんでした。

 さて、浅田真央選手や高橋大輔選手の活躍に沸いた冬季ソチオリンピックも終わり。snowboardcrownheart02ようやく春めいてきたかなと思えるようになりました。また、梅が満開?との情報も聞こえてくるようになってきています。この陽気に誘われるように、我が部署の有志2名も先日行われた「2014そうじゃ吉備路マラソン」10キロコースrunに参加し、無事に1時間前後で完走しました。happy01sweat01少しずつゴソゴソと運動の無視が動き始めたようです。

 

とはいえまだまだ外気は冷たく、朝晩と日中の気温差も大きいようです。皆様も少しずつ部屋や庭、近くの公園などで体操したり、新鮮な空気を胸いっぱいに吸いこむことから始めてみてはいかがでしょうか。そして大きな声で叫びましょう。

     

「春よ来い!!早く来い!!」

訪問看護ステーション T.O

| | コメント (0)

より以前の記事一覧