2015年2月19日 (木)

第4回くもん学習療法発表会のご案内

このたび、第4回くもん学習療法発表会を開催することとなりました。

くもん学習療法は認知症の予防や改善を目的とし、効果が期待されています。また最近では非薬物療法の一つとして、マスコミや雑誌でも多く取り上げられ注目されています。

昨年もご利用者様やそのご家族様、一般地域の方や、ケアマネージャー様など多くの方々にお集まりいただきました。

参加無料で、楽しいイベントや企画をご用意していますので、お気軽にご参加お待ちしています。

デイサービスドリーム 管理者 くもん学習療法育成士 坂本晋也

くもん学習療法についてはこちらをご覧ください。
前回の発表会の様子も掲載しています。
Kumon

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

脳の活性化と心の支え

“くもん学習療法”という言葉をご存知ですか?

P1060244 全仁会グループで“くもん学習療法”を開始して、今年3月で3年半になります。
その間導入施設が、倉敷在宅総合ケアセンター、倉敷老健、デイサービスセンタードリーム、ピースガーデン倉敷と増えていき、私たち学習療法士も6名となり、くもん学習療法の利用者数も現在100名を超えています。

 全仁会グループの“くもん学習療法”の特徴は、学習療法士が専任制になっているところです。他の施設では、介護士の方が仕事の合間に行うことが多く、忙しさのためにどうしても時間が取れない、集中できないといったことが起こりがちです。

 その点私たち学習療法士は恵まれており、一対一、あるいは二対一という個別で30分程度、「音読、計算、数字盤」という3つのメニューを、利用者の方々に落ち着いてしていただくことができます。

 学習者の方に合わせた負担にならない学習を繰り返し行うことにより、脳を活性化することができるという学習面だけでなく、個別学習の良さを生かして、私たち学習療法士は、できるだけ学習者の方々の気持ちに寄り添い、少しでも不安を軽減できるように、時間の許す範囲内でお話に耳を傾けるようにしています

 学習者の方々は、明るく前向きにできることを楽しんでおられる方もいらっしゃいますが、“部屋にいても楽しくない”“することがない”“話し相手がいない”“できないことが増えて悲しい”といった何かしらの不安を抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。そのような生活の中で、たった30分でも楽しみに思える時間、やる気の出る時間、自然と笑顔になれる時間を提供できたらという気持ちで、私たちは、表情や言動の変化にも注意しながらおひとりおひとりに合った言葉かけを考えて学習を進めています

P1060351 “くもんの先生はみんな親切で安心できます” “くもんは何もできなくなった私の生きがいです”“くもんの時間は先生を独り占めできる私だけの30分です” “今何をしたらいいかわからなくて困っていたところだったのよ。先生の顔が神様に見えたわ”といったようなうれしい言葉を頂くことが、どの施設でも増えています。loveletterhappy01heart04

私たち学習療法士は、そのような言葉に大きなやりがいを感じ、学習者の皆様が心から楽しいと感じられる日々のお手伝いがもっとできればと考えています。また、看護師や介護士の方、理学療法士の方などに支えられていることを忘れずに、これからも助言や援助をいただきながら、ひとりよがりにならないように、日々努力していきたいと思っています。

 3月8日(土)に予定されているくもん学習療法発表会でも、学習者のご家族の方々や参加者の方々にその趣旨を広く理解していただき、楽しい時間を共有できたらと思います。興味のある方は、ぜひご参加よろしくお願いいたします。happy02pencilnote

         全仁会グループ 学習療法士 Y.Y.

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

第3回くもん学習療法発表会開催のお知らせ

Dscf4531 平成22年7月より全仁会グループでは認知症の予防・改善を目的に「くもん学習療法」を導入し、現在100名近くの方が学習(楽習)に参加されています。

平成24年3月には第1回学習療法発表会を開催し、約80名近くの方にお集まり頂きました。学習療法の体験コーナーや湯茶コーナー、千本くじなどちょっとしたお祭りのような感じでした。

P1030845 平成25年3月の第2回は認知症疾患医療センターと共催で東北大学の川島隆太教授をお招きし、「脳科学からみた学習療法の効果」のご講演して頂き、約300名近くの方々にお集まり頂きました。
認知症疾患の方お一人、お一人が、その人らしく過ごして頂きたいという思いは学習療法士を含めスタッフ一同持っています。

P1060354 平成26年3月8日に第3回学習療法発表会を企画しています。内容は演劇による学習療法の発表やスライドショー、射的などのゲームコーナーなどもちろん景品もshineしっかりと付けて楽しんで頂けられるようなプログラムをご用意しています。参加料は無料ですのでぜひとも多くの方の参加をおまちしています。

参加ご希望の方は086-427-0110(在宅総合ケアセンター)までお申し付け下さい。

Kumon_2
デイサービスセンタードリーム くもん学習療法育成士 坂本 晋也

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

学習療法講演会開催のご案内

このたび認知症疾患医療センター主催で「くもん学習療法講演会」を企画しました。
1年以上前から企画・立案を行い、特別講演として脳の働きや研究で有名な東北大学、川島隆太教授をお迎えし、学習療法の広がりや認知症への理解を深めていきたいと思います。
参加ご希望の方、お問い合わせは、倉敷在宅総合ケアセンター ケアプラン室までご連絡を宜しくお願いします。

デイサービスセンタードリーム 管理者 坂本 晋也(くもん学習療法育成士)
Photo

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

学習療法導入から1年を迎えて

 全仁会での学習療法の取り組みは一周年を迎えようとしています。

外来や施設にて、積極的にご利用の方へ学習療法導入の促しを行ったり、メディアを使っての宣伝も功を奏したようです。というのは通所施設利用のきっかけが学習療法だった、という事例が増えているのです。

 Photo 学習療法士と現場スタッフの交流もだんだんと充実し、日々の経過の把握に効果的な情報提供を行えるようになってきています。

 倉敷平成病院の学習療法はさらにレベルアップを積み重ねています!!

CP阿部

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

くもん学習療法スタッフより

 啓蟄も過ぎ、少しずつですが暖かい日が多くなってきました。当院でのくもん学習療法の取り組みは立ち上げの準備期間を含めると一年弱になります。

 これまでの流れを振り返ってみるとすべてが順風満帆に進んだというわけではありません。準備期間にかなりの時間、ミーティングで調整を行ってきましたが、実際に始動してからしか経験し得ないある種の行き違いやミスなども多くありました。進めていきながらの微調整で対応してきましたが全ての問題の解決にはもう少し時間がかかりそうです。

 しかしこれらの問題はあくまで運営における裏方的業務の範囲でのみ起こっていることです。

 Photo_7 全仁会でのくもん学習療法の『質』という点から振り返ってみると、こちらは全く問題なく、学習療法スタッフの技術の高さ、集中力、独自性や自発性は、他施設の学習療法と比較して決して劣らない(本音を言えば、より優れている)と確信しています。

 この全仁会でのくもん学習療法の質を、冒頭で述べたような問題で落とすことがないよう裏方からの支えを、より確かなものにすることが来年度の目標と考えています。

学習療法スタッフ CP阿部

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

学習療法とは?

0210_2 こんにちは。学習療法士みぃです。

9月から始まった学習療法ですが、一体どんなことをしているのかご存知ない方のために今回は学習内容の説明をしてみたいと思います。

教材は、読み書き・計算・すうじ盤があります。

読み書きは、表裏3枚の読み物を2回通り音読し、ことばの写し書きをします。

計算も、表裏3枚あり、数字を読んだり、簡単なたし算・ひき算・九九をしたりします。

すうじ盤は、学習者に合わせて30,50,100の盤のどれかをやってもらいます。数字の表の上に同じ数字のコマを置いていくだけのものですが、ゲーム感覚ででき、楽しく学習ができます。Photo

読み書き・計算の教材にはいろいろな種類のものがあり、どれを利用するかは学習診断をして決めます。学習する方が無理なく楽しく学べる教材が選ばれます。

教材が終わって、楽しくコミュニケーションを図ることも、脳を活性化させるための大切な時間です。

くもん学習療法は、どんどん難しい教材ができるようになることが目的ではなく、できる喜びを感じ、前向きな気持ちを持っていただくことが大事だと考えています。

私たち学習療法士は、指導者ではなく、利用者さまを人生の先輩として敬う気持ちで、学習を通してともに楽しい時間を過ごせるように努めています。

                                         学習療法室  学習療法士みぃ

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

くもん学習療法~学習療法士だより~

こんにちは。学習療法士のC.Yです。
 早いもので「くもん学習療法」が始まって4か月がたちました。

研修を受けてきたとはいえ、実際に療法を行うのは初めてだった私達。

教材の準備、学習を進める手順、記録の取り方や宿題(希望者のみ)の出し方まで全てに試行錯誤の毎日でした。

本当にこんなんでいいのか?役にたてているのか?思ったより大変な仕事だなあ・・・。

くじけそうな気持を支えてくださったのは、利用者様たちでした。問題に取り組むときの真剣な表情や雑談の中でみせてくださる笑顔、「またきてーよ」「末永くよろしくね」「おかげで頭が少し良くなった気がします」とかけてくださる言葉に、「頑張らなきゃ」という思いが大きくなっていきました。
 

101228 利用者様方に比べればまだまだ人生ではひよっこの私達。かえって勉強になることや教えていただくこともたくさんあります。ちょっぴり脳に心地よい刺激を受けつつ、お互いに楽しい時間を過ごせれば、とこれからも奮闘してまいりますのでよろしくお願い致します。

学習療法室 学習療法士 C.Y

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

くもん学習療法を導入して

 学習療法が開始されてから、はや3ヶ月が経とうとしています。

 開始当初は利用者さまから「私が幼い頃は家の仕事を手伝うのが当たり前で、学校にいけなかった。勉強もできるかどうか不安」という声も多く聞かれていましたが、学習療法が始まって3ヶ月が経つ今では、「この勉強があるからここにくるのが楽しい」とか「くもんの先生と話をするのが楽しい」というご意見を多くいただけるようになりました。

 くもんの教材を通じて、脳の活性化を図ることも大きな目的のひとつです。

 しかし、心理療法に携わる私個人の考えではくもん学習療法の大きな効果として、あたたかい励まし、できたということをともに喜ぶ、昔の思い出ばなしに花を咲かせる、など利用者さまと学習療法士との間に流れるプラスの情緒的交流こそが、利用者さまの自尊心や意欲を高めているのではないかと考えます。

 101211 その結果、他利用者さまとのコミュニケーションが増えたり、目的意識を持ちながら日常生活を送れるようになる、といった日常生活上の変化が客観的に見られるようになってきています。

 今後とも多くの利用者さまに体験していただきたく、より良い介入が提供できるように質の向上に研鑽を重ねてまいりたいと思います。

学習療法担当 臨床心理士 H.A

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

学習療法導入にあたって

 平成22年6月1日、ケアハウスドリームガーデン倉敷に「デイサービスセンタードリーム」が開設し、くもん学習療法が9月から始まりました。初めは、不安と期待が入り混じり大丈夫かなと思っていましたが、実際始まってみると、「今この歳になって勉強するなんて思わなかった」「100点とるとやっぱり嬉しいね」と様々な声が聞こえました。私も実際に体験をして、恥ずかしながらも100点をとれたら正直、嬉しかったです。

1 週に2~3回、30分学習療法士がマンツーマンで対応していくうちに、くもん学習療法以外でご利用の方の心の声を聴くことができました。今の生活に対して不安なこと、病気のこと、人との繋がり、絆が希薄であったりと、それぞれの人生の中で何か希望だったり、楽しみがもう少し足りなかったのかなと感じました。

しかし、くもん学習療法を導入してから、「生きがい・喜び・楽しみ」の一つになり、学習する喜びや、人とゆっくり話をし、嬉しかったこと、不安なことを相談できる、そんな「ホッとするような場所」になりつつあります。

学習療法だけでなく、デイサービスも人と人とのふれあい、心と心の繋がり、楽しく、ま2 た来たい、あなたに逢いたい、そんな場所になっています。そっと手を握り、自然な笑顔で声をかけ、相手も自然と笑顔になる。くもん学習療法、デイサービスセンタードリームが皆様にとって、かけがえのない、安心できる場所であるように、これからも邁進していきたいと思います。

これからも利用者の方や関係部署の方にもご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解の上、ご協力ご指導を宜しくお願い致します。

デイサービスセンタードリーム 管理者 坂本晋也

| | コメント (0)