2015年2月21日 (土)

食品添加物について

 

こんにちは。突然ですが、皆さんは食品を手にしたとき原材料の記載を見ていますか?最近、食の安全性が問われるような問題が多く発生していますが、今すぐできる身近な安全対策として食品添加物があります。
1  食品添加物とは、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または加工・保存の目的で使用されるものです。使用することによって、保存期間が長くなり食中毒を防ぐことができたり、見栄えがよくなったりと様々なメリットがあります。デメリットとしては、糖分、塩分、油分の過剰摂取や大量に摂取することで体に悪影響を及ぼす可能性があるということです。現在、日本では約400種類ほどあり、人の健康を損なう恐れのない場合に限って使用が認められております。
 しかし、一度認められれば永久に安全という訳ではなく、毎年検査が行われ、危険だと判断されれば使用を禁止されたり制限されたりする可能性もあります。つまり、もしかしたら明日から「発がん性により禁止」ということになるかもしれないのです。
 食品添加物はあらゆる食品に入っており、完全に摂取を避けることは難しいです。少しでも摂取を避ける手段として3つ紹介したいと思います。2

1つ目は「食品を選ぶ際に原材料の記載をよく見る」です。数字・~酸・アルファベット・長いカタカナなどは要注意です。2つ目は、「調理前に洗う」です。表面についた食品添加物はお湯に通すだけで落とすことができます。3つ目は、「解毒する」です。よく噛むことで、唾液中の成分が毒性を消してくれます。また、ビタミンや食物繊維を摂り、よく水を飲むことも効果的です。
 このように、少し意識を変えてみるだけで健康を守ることにつながるので、ぜひ実践してみてください。

臨床検査部 A.M

| | コメント (0)

2015年1月24日 (土)

PSG(ポリソムノグラフィー)検査

 

Photo 今まで検査部では、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査として患者さんに自宅に持ち帰って取り付けてもらう簡易型の睡眠時無呼吸検査を実施していましたが、それに加えてより正確な睡眠時無呼吸の検査として一泊入院をしてもらうPSG検査に検査部が介入することとなりました。
 PSG検査はより詳しい検査になりますので、脳波・筋電図・呼吸・酸素飽和度・体位等取り付けるセンサーは多くなりますが、痛みを伴うものではありませんので、ご安心下さい。
SASが疑われる症状として、「睡眠中にいびきをかく」「昼間の眠気が強い、熟睡出来ていない」「起床時の頭痛」「集中力や記憶力の低下」などがあります。
 このような症状がありましたら、当院呼吸器科にご相談下さい。


当院での検査の流れ

・午後3時に受付に予約表を提出して、入院手続きをして下さい(必ず予約が必要です)。
・午後8時までに食事、洗髪等入浴、トイレ、着替えを済ませておいて下さい。
・寝間着は普段使用されているもので構いませんが、上下ともゆったりとしたものが好ましいです。
・午後8時から機械・センサーの装着を開始します。装着等準備にかかる時間は約40分~1時間です。
・検査開始後は入浴出来ません。
・翌朝午前7時頃にセンサーの取り外しをします。検査終了後は装着に使用した糊等を落とす為入浴して帰宅する事をお勧めします。


 睡眠時無呼吸で気になることがございましたら、当院へお問合せ下さい。

臨床検査部 Tani

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

超音波機械が新しくなりました

 今年の秋から超音波の機械が新しくなりました。以前の機械と比べ、一番の違いはコンパクトなサイズです。もちろん表示される画像もさらに鮮明shineになりました。
 超音波検査とは、腹部臓器(肝臓、腎臓、膵臓など・・・)や血管(頚動脈、下肢静脈・動脈など・・・)や心臓などにプローブを当てて、異常がないか映し出される画像から診断する非侵襲的な検査です。
 例えば、この時期お酒を飲む機会が増えますが、みなさん脂肪肝気になりませんか??脂肪肝は超音波検査で簡単に診断できます。脂肪肝とは肝臓に中性脂肪やコレステロールがたまった肥満症状態の肝臓のことです。いわゆるフォアグラですね。超音波画像では、脂肪肝の肝臓は白く見えます。fullwobblydanger
Image002 Image004
 左の画像は正常の人の肝臓と腎臓です。右の画像は脂肪肝の人の肝臓と腎臓です。脂肪肝の肝臓は腎臓と比べ白く見えます。
 常習飲酒家の方は、アルコール性脂肪肝からアルコール性肝硬変と進んでいく可能性が高くなりますので、この時期飲む機会が増えますが、適量を心がけたいものですね。coldsweats01winebottlebeernote

  臨床検査技師:M

| | コメント (0)

2014年11月22日 (土)

職員旅行に行ってきました!!

 

Photo_2 今年から職員旅行が企画され、10月から11月の間で、日帰り4コース、1泊2日1コースの5コースがありました。その中から私も同僚と一緒に、宝塚歌劇鑑賞ツアー(11月2日)とユニバーサルスタジオジャパン(USJ)満喫コース(11月16日)の2つに行ってきました。
 11月2日、朝、出発の時はあいにくの雨でしたが、最初の目的地、神戸三田アウトレットに着く頃には雨もあがり、傘を持たずに歩くことができました。バスでの移動中は、普段あまり話すことのない他の部署の方と話せたりして、移動のときも楽しく過ごしました。アウトレットでの買い物は時間が限られていたので、効率よく買い物をしようと、あらかじめ行きたいお店をピックアップしていたものの、やっぱり時間が足りなくなり最後は少しバタバタしましたが、行きたかったお店はまわることができて買い物ができたので楽しかったです。宝塚歌劇鑑賞は、実際に観劇するのは初めてで、宝塚のこともほとんど分からない状態で行きましたが、たまたま観劇の時に席が近かった宝塚に詳しい職員の方にいろいろ教えてもらいながら、ミュージカルもショーも楽しく見ることができました。生で歌や踊りを見ると迫力もあり、本当にきれいで感動しました。こういう機会がないとなかなか行けないので、今回、職員旅行で行けてうれしかったです。
 11月16日のUSJ満喫コースは、天気にも恵まれ旅行日和でした。14日からクリスマスのイベントもあり混雑するかもしれないと思い、前もってエクスプレスパスを購入し、どのアトラクションから回るかも決めて行きました。予想通り、どのアトラクションも待ち時間が長く、最近できたハリーポッターは200分待ちになっていました。パスを持っていて良かったと実感しました。ハリーポッターのアトラクションは、映画を見たことがない私でも十分楽しめましたが、見たことがある人はより一層楽しめるんだろうなぁ、と思いながら見ていました。あと、たまたまテレビの撮影もあったようで、坂上忍さんやサンドウィッチマン、野々村真さんも見かけました。一緒にいた同僚は、どのアトラクションよりも大興奮でした。世界一のクリスマスツリーも見ることはできたんですが、点灯する前に帰らないといけなかったので、それだけが残念でした。
 初めての職員旅行でとても楽しかったので、また来年も行きたいです。


 臨床検査部R.A

| | コメント (0)

2014年10月23日 (木)

インフルエンザ流行の前に…

 一雨ごとに寒さが増し、秋が深まっていくなぁと感じます。一日の寒暖差が大きくなると体調を崩しやすくなります。また、空気が乾燥してくるとそろそろかなぁと思うのがインフルエンザの流行です。

先日、院内感染対策勉強会があり資料作成で当院のインKuri
フルエンザについて調べたので少し紹介します。

今回は2008年7月以降のインフルエンザ検査で陽性になった件数を月ごとに集計してみました。
その結果、インフルエンザA型は11月から3月に多く発生していました。年によって違いはあるのですが、4~5ヶ月陽性が認められた年もあれば、2~3ヶ月間に集中して発生したような年もありました。

Ilm09_ae05006_2

また、新型インフルエンザが発生した2009年にはあまり発生の見られない8月に陽性がありました。インフルエンザB型はA型の発生より少し遅れて、1月から4月に多く発生していました。そしてB型は年によって件数の差が大きく、新型インフルエンザが発生した2009年は1件も無く、今年は2月に一気に流行して他の年の2倍以上の件数になっていました。

やはり、11月から4月頃まではインフルエンザには十分注意しないといけないなと思いました。

インフルエンザ迅速検査のキットも紹介しました。
当院で使用しているのは鼻腔拭い液を用いて10分ほどでインフルエンザA型・B型の判定ができるものです。インフルエンザ治療薬は48時間以内の投与で効果的に症状を抑えてくれるので、その場で検査ができて結果の出る迅速検査キットが必要になってきます。

実際、迅速キットは2000年前後に多くの製品が開発されていて、インフルエンザ治療薬の開発と関連しているようです。
最初はA型しか判定できませんでしたが、数年後にA型・B型両方判定可能なキットが出てきました。今まで使ってきたキットがどんなだったか忘れてしまいましたが、判定までの時間が短くなったり、綿棒の形状が変更したりといろいろ改良されています。

しかし、検体がきちんと取れなかったり、一定のウイルス量が無いと反応しないため検査時期が早すぎたりすると、偽陰性になってしまうこともあります。

また、判定は目視で行うため誤差が生じることもあるようで、最近では機械で判定を行うものも出ています。私たちも検査を行っていますが、薄いラインも見落とさないようにしっかり見て判定しています。

インフルエンザにかからないためには、Ilm09_aa01001
①流行前のワクチン接種、
②飛沫感染対策としての咳エチケット、
③外出後の手洗い等、
④適度な湿度の保持、
⑤十分な休養とバランスのとれた栄養摂取、
⑥人混みや繁華街への外出を控える
 などあるようです。


流行前からしっかり対策をとってインフルエンザにかからないようにしましょう。

臨床検査部 TaMa

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月)

InBody(インボディー)

 

10/1よりInBodyという名の検査機器が稼働します。
リハビリ科・栄養科等からの導入依頼を経て検査部に設置されることから、この機器の簡単な紹介をします。

 

InBodyは体成分(体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪)を算出する機器です。保険収載名称は体液量・細胞外液量測定に該当します。本来、体成分分析のGolden StandardはDEXA・水中体重法・重水希釈法などです。しかし、InBodyは生体インピーダンス分析原理をさらに進化させた部位別直接多周波数生体インピーダンス法(要するに、体の多くの場所の生体に流れている電流量<逆にいえば抵抗値>を測る)を利用しています。高い精度や再現性で体成分を算出し、前出の方法と良好な相関関係を示しているようです。

 測定は8個の電極を装着し、約2分間安静にしていれば完了です。結果は体成分・筋肉脂肪量・肥満指標・部位別筋肉量・部位別水分量等が算出されます。これらの結果を基に、脱水症(発熱性疾患、熱射病、下痢・嘔吐症、甲状腺機能亢進症など)や湓水(浮腫、うっ血性心不全、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、腹水・胸水貯留など)の補助診断に利用されます。また、栄養状態の指標としても有効です。運動やリハビリ効果の判定にも利用できるでしょう。

Monshin_roujin  多角的アプローチ(検査)をして、科学的・客観的評価をもって診断することがより的確な治療に結びつくと考えているのが現代医療です。そして、それは低侵襲・非侵襲的検査(できるだけ体内に器具等を入れない、痛くない、しんどくない・・・)であることが望ましく、様々な開発がなされています。InBodyもその一つです。shine

臨床検査部 光 源頭

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

良い汗かきましょう

真夏日が続き、皆さんいかがお過ごしですか?身体がなまり、夏バテしていませんか?こんな時こそ、朝のラジオ体操、山登り、ウォーキング等で汗をかき、体調を整えましょう。0103

聞いたところによると、夏の山登り(日帰り)は、フルマラソンに匹敵するほどのエネルギーを消耗するそうです。また、運動時にエネルギーが不足すると、ふらつき、めまいなどを感じ、やがて、身体の動きが鈍くなり、注意力、判断力も低下します。


 それをおこさない為には、すぐにエネルギー源になる、炭水化物を頻繁に取ることです。例えば、クッキー、チョコレート、あめ等。
303


 
更に、熱中症にも、注意が必要です。水分をこまめにとるようにしましょう。なお、水分補給の目安は消費エネルギーと同等量。例えば、ハイキングなら、およそ1000キロカロリーなので、1000ミリリットルが目安です。
 暑い夏だからこそ、冷房の効いた室内に居るのではなく、身体を動かして、良い汗をかこうではありませんか

ウォーキングマン

| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

日常生活で使える最新の心電図&筋電図

 病院で体にいくつものセンサーを付けて測定する心電図や筋電図ですが、今、大学や企業で日常生活の中で簡単に測定できる技術があるみたいです。その技術を使って、大きく分けて「貼るだけ」、「切るだけ」、「握るだけ」の3種類の商品が開発されています。

 「貼るだけ」は、台所で使うラップの5分の1しかない薄さのフィルムを皮膚に貼り、心電図や体温などを読み取ってくれます。着けた時の違和感が今までより少なく、くしゃくしゃになっても、汗で濡れても測定機能が劣らないので、より正確で多くのデータが得られるようになりました。

 「着るだけ」は、東レとNTTドコモが「hitoe」という衣料素材を今年1月に発表しました。電気を通しやすくする樹脂を染み込ませた極めて細い繊維で出来ているので、体からの電気信号をキャッチしやすくなりました。
これを利用して今後、データをスマートフォンで管理し、運動時の身体負荷を数値で把握して効果的なトレーニングや、ゲームとの連動などが出来る様に商品化を目指しているそうです。

 

「握るだけ」は、トヨタやデンソー、日本医科大が、車のハンドルを通して、運転者の身体データを自動的に計測し、カーナビの画面で注意を促したり、ブレーキをかけたりするシステムを開発しています。
最近は高齢でも運転される方が多いので、運転中の体調の急変による交通事故を防ぐためにこれから重要だそうです。

 

 Photo どれもまだ開発途中で実際には販売されていないですが、これらを使うことによって病気の発症予測が出来るかもしれません。
手遅れになる前に自分の体調をしっかり管理できるようになるといいですね。
商品化が待ち遠しいです。

臨床検査部 M.T

| | コメント (2)

2014年6月19日 (木)

食中毒を予防しましょう

6月も半ばになり、蒸し暑く感じる日が多くなってきました。この時期注意したいのが食中毒です。

食中毒を引き起こす主な原因は細菌とウイルスです。特に夏場(6月~8月)の食中毒の原因となるのは細菌です。温度や湿度などの条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べることで食中毒を引き起こします。代表的なものは、腸管出血性大腸菌(O157、O111など)やカンピロバクター、サルモネラ菌などです。食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖し始め、体温くらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。また、細菌の多くは湿気を好むため、現在の梅雨時期はちょうど食中毒が増え始める頃で注意が必要です。

食中毒から身を守るためには、予防を徹底することが肝心です。そこで基本的な予防法を紹介したいと思います。

1つ目は、細菌を食べ物に「つけない」ということです。手にはさまざまな雑菌が付着しているため、調理を始める前や生の肉や魚などを取り扱った前後など、こまめに手を洗いましょう。また、生ものに触れた器具などはきれいに洗い、できれば殺菌しましょう。Tearai

2つ目は、細菌を「増やさない」ことです細菌の多くは10℃以下では増殖がゆっくりとなり、-15℃以下では増殖が停止します。生鮮食品などは、出来るだけ早く冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫に入れてもゆっくりと増殖するため、冷蔵庫を過信せず早めに食べることが大切です。

3つ目は、「やっつける」ことです。ほとんどの細菌は加熱によって死滅します。十分に加熱して食べるようにしましょう。特に肉料理は中心までよく加熱するようにしましょう。食べ物だけでなく、調理に使用した器具もよく洗った後、熱湯をかけると予防に効果的です。

腹痛や下痢など少しでも異変を感じた場合には、重症化する前に早めに医療機関へ受診することをおすすめします。しっかりと食中毒予防を心がけて、暑い夏を乗り切りましょう!

臨床検査部 M

| | コメント (0)

2014年5月23日 (金)

マイコプラズマ肺炎

 

Photo_2 マイコプラズマ肺炎という病気をご存知でしょうか。近年増加傾向にある病気で、「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することによって起こる呼吸器感染症です。学童期や青年期に多く、1年を通じてみられますが、晩秋から春にかけてやや増加する傾向があります。症状としては、発熱や全身倦怠感(だるさ)、頭痛、痰を伴わない咳などがあります。咳は少し遅れて始まることもあります。咳は熱が下がった後も長期にわたって(3~4週間)続くのが特徴です。多くの人はマイコプラズマに感染しても気管支炎ですみ、軽い症状が続きますが、一部の人は肺炎となり重症化することもあります。

 普通の肺炎では、空気の通り道である気管支や肺胞が傷害されるため、聴診器で聞くとゼロゼロといった痰が絡むような音が聞こえるのですが、マイコプラズマ肺炎は、気管支や肺胞の外部である間質という組織で炎症を起こすため、ゼロゼロといった音が出てこないのです。(ただし、経過が長引くと炎症が気管支や肺胞にも広がって、ゼロゼロといった音が聞こえるようになります)このため、聴診器で聞いただけではわからず診断に時間がかかることがあります。また、一般的な血液検査では殆ど変化がなく当てになりません。
 そこで簡単に、すぐ診断できる方法として、プライムチェックというマイコプラズマ抗原を調べる検査を今年の4月から平成病院でも始めました。この検査方法はスワブで咽頭をぬぐうだけで検査することができるため採血の必要はなく、時間も15分と短時間で結果がわかります。
普通の風邪にしては治りにくいな…、咳と発熱が続くな…と思ったら、一度病院に受診することをおすすめします。

検査部 H.K

| | コメント (0)

より以前の記事一覧