2015年2月 2日 (月)

足裏を正せば 歩行も変わる

 もうすぐ節分。しかし、寒さはこれからが本番!!感染症に負けないように頑張りましょう。

 先日、倉敷総合ケアセンターで開催された「第10回 おかやま 足を守る会」の研修会に参加してきました。「足を守る会」は、糖尿病,動脈硬化などの病気や高齢化により「歩く」事が困難になった方々の援助ができるように、知識と治療・その啓発・普及を目指して活動されているそうです。
今回の研修では、①靴の選び方②フットケアの重要性と方法③栄養の重要性④糖尿病と骨粗鬆症の関係などリハビリの仕事に役立てられるお話も多く、「アッ」という間に時間が過ぎてしまいました。
講義の後は、「足裏を正せば 歩行も変わる」というテーマで新居隆司先生(Jサーキット株式会社)によるLov-a-Ballを使った足裏ストレッチのデモンストレーションでした。ジェル状の液体が入った小さなゴムボールを使用して、筋肉をストレッチする方法で歩行改善を紹介して下さいました。皆さん体感してみて、その即効性に驚いておられました。足裏だけでなく肩こり,腰痛にも良いストレッチ方法を紹介した本を出されているようなので、興味のある方は参考にしてみてください。(宝島社 「3分間 コリトルボール」)

 私も地域の高齢者の方に転倒を予防するポイントの1つとして足裏と足指のマッサージ・運動を進めています。こちらも、短期間で効果が実感できますので、ぜひ試してみてください。

 まずは、靴下を脱いで足のチェックをしてみましょう!!
爪はどうですか?? 曲がって生えたり、巻爪、肥厚などのトラブルはありませんか?
皮膚の色はどうですか?? 全体が冷たく青くなっていたり、部分的に赤くなっていませんか?
浮腫みはどうですか?? 指で押さえても、すぐに跡が消えますか?
足の指はどうですか?? 変形していたり、硬く開きにくくなっていませんか?

普段あまり関心のないところだとは思いますが、お顔と同じようにちゃんと観察してケアしてあげてくださいね。上記のことが気になる方は、フットケア外来での治療・ケアも受けられますので、外来受付でご相談ください。

足の指が動きにくくなると、バランスが悪くなって転倒しやすくなります。若い方でも意外に硬くなっている方もられるので、Let’s チャレンジ!!
椅子に座って、反対の膝に足を乗せて運動すると、股関節のストレッチにもなってより効果的ですが、無理のない姿勢で行って下さい。
①足の裏を摩って、軽く揉んでやる
②足の指を一本ずつ、ストレッチ(写真1) ⇒ 反らしたり足裏側へ倒したりを各5回ずつ
③ストレッチの後は、足指の間に手指を挟んでストレッチ(写真2) ⇒ 反らしたり足裏側へ倒したりを各5回ずつ行った後は、そのまま足首をグルグル回す
④足指が柔らかくなったら、丸めた新聞紙を足で延ばしたり、タオルを握る様に指を動かす

Image003   
Image004
 65歳を過ぎると日常生活での転倒を経験する方が増えると言われていますが、特に75歳以上になると急増するそうです。女性は骨粗鬆症などにより転倒して骨折に至るケースも多く、その6割が家庭内で受傷しているというデータもあります。このうちの約2割がバランス障害によるものとされています。このように、歩行能力の維持,転倒予防に「足裏」はとても重要なカギを握っているのです。
Image006  さらに健康な筋肉や骨を作るためには、「栄養」も重要となります。
骨の主成分である「カルシウム」をいくら摂取しても、吸収する能力が不十分な場合もありますし、自分に合った栄養指導を受けてみるのも良いでしょう。
また、骨密度「骨量」と「骨質」の両方が重要とされています。一般的には骨粗鬆症になると骨が「軽石」のようになってしまうとされています。しかし、一見「密度」が良いように見えても「骨量」が少なく、骨折しやすい場合もあるそうです。倉敷平成病院では、世界で最も信頼されている米国ホジック社の骨密度測定装置「ディスカバリー」により、高精度かつ安全な検査が可能です。着衣のまま腰,足の付け根,腕などの計測を5分ほどで検査でき、痛みも伴いませんので安心ですよ。
Image008 骨を太くするためには日光により皮膚でのビタミンD生成が必要ですし、強くするためには運動が必要だとされていますので、晴れた日のウォーキングは運動習慣の第一歩には最適です。「足裏を正せば 歩行も変わる」まずは、足裏のケアから始めてみてくださいね。

 

倉敷老健 リハビリ D

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

介護老人保健施設って、どんな施設??

 

明けまして、おめでとうございます!!本年も宜しくお願いいたします。fujihappy02
 今年は年末年始のお休みが長かった方も多いでしょうか?反面、全国民族大移動とクリスマスから年始の準備、初売りでサービス業の方々は大忙しで、「お正月はこれから」という方もおられるでしょうね。お疲れ様です。coldsweats01japanesetea全仁会グループも「救急から在宅まで地域に根ざしたトータルヘルスケア」をご提供できるよう365日24時間体制で対応させて頂いております。お休みの疲れで体力が落ちている時には、若い方でもインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなっています。少しでもいつもと違うなと体調の異変を感じたら、無理をせず「早めの受診」で早期回復,重症化予防に努めて下さい。

 さて、今回は平成27年4月からの介護保険改正に先立ち、入院生活から在宅復帰を目指す方または身体機能の向上を図り、在宅生活での援助を軽減したい方に利用して頂ける、「倉敷老健(介護老人保健施設)」についてご紹介させて下さい。

Image001  3世帯同居が主流な時代から核家族,独居へと家族構成が大きく変化していく中で、 ニーズに合わせた介護保険サービスの見直しにより利用できる施設の種類が増えています。しかしながら、実際には国民の皆様に十分な説明がなされず、いざ利用したいと思っても、現状でどの施設が利用できるのか?それぞれがどのような特徴の施設か?良く分からないのが現状です。

 

「介護老人保健施設」いわゆる「ろうけん」は、病院と在宅の中間施設として、医療とリハビリテーションを軸に、生活能力の向上を目的とした施設です。自宅の代わりに生活を送る特別養護老人ホームとは違い、在宅復帰支援を目的とした施設になります。利用が可能なのは要介護1~5の認定を受けておられる方で、基本的には3~6ヶ月間で、リハビリを行いながら在宅環境の調整や復帰後のサービス調整により在宅復帰をして頂きます。

 

平成27年度からは特別養護老人ホームへの入所申込は、要介護3以上の認定が無いと出来なくなりますので、要介護1~2の方は何とか在宅介護サービスを利用しながら、在宅生活を継続して頂きたいというのが政府の意向でしょうか。その為にも急激な身体・認知機能の低下を予防して、援助されるご家族の介護負担を増やさない工夫が重要となってきます。

Image007 介護老人保健施設の特徴は、以下の通りです。
 その1) お医者様が常駐しているので、健康管理面が安心
 その2) 夜間帯も看護婦さんがいるので、医療的な管理が必要な方でも安心
 その3) リハビリテーションの専門職員が配属されている
 その4) ケアマネジャー,生活相談専門員がいるので、在宅復帰に向けケアプランに沿った援助が可能

Image013  更に全仁会「倉敷老健」の特徴としては、
 その1) リハビリスタッフの人数が多い
 その2) 介護士によるご本人への生活援助だけでなく、 ご家族への介護指導が無理のないスケジュールで行える
 その3) 管理栄養士がいるので、栄養面の相談もできる

 

倉敷老健の「リハビリテーション」の特徴としては、
 その1) リハビリスタッフが6名常勤で配置されており、理学療法士,作業療法士,言語聴覚士の全職種がそろっている
 その2) 新規入所後3ヶ月間は集中的なリハビリテーションの実施が可能で、希望があれば週5日程度の機能訓練が受けられる(※対象条件があるので要確認)
 その3) からだの機能訓練だけでなく、軽度認知症症状に対する認知機能訓練により自宅での生活援助の軽減を図っている
 その4) 個別の機能訓練だけでなく、小集団リハビリにも参加できる

Image018 Image019 Image020

 

倉敷老健のご利用例
Image023  その1)入院での治療やリハビリは終了したけど、在宅復帰にはまだ不安がある
 その2)最近、よく転倒しそうになる(筋力やバランス能力の低下が気になる)
 その3)入院するほどではないけど、膝や腰が痛くて毎日の生活に支障が出ている
 その4)父や母と離れて暮らしているので、栄養や薬の管理,排便の状態,認知症の心配など今後も安全に生活できるのか不安

 以上ほんの一例ですが、短期集中リハビリを中心とした施設援助により、
 ①身体および認知機能の向上 ②介助量の軽減 ③現状評価による必要援助の提案 ④家族支援 ⑤生活の質の向上を目的・目標に「倉敷老健」をご利用いただき、 ご本人・ご家族共に無理なく笑顔で在宅生活を継続して頂ければと思います。
Image026_2  ちょっと話だけでも聞いてみたいと思われた方は、どうぞ、お気軽にご相談ください!!happy01heart04telephonenotes

※写真の掲載は、ご了解をいただいています

Image027

 倉敷老健 リハビリ D

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

のぞみの会 作品展示報告

 11月9日(日)に第49回 のぞみの会が開催されました。今回は、あいにくの雨となり寒かったにもかかわらず、沢山の方にご参加頂き有難うございました。raincoldsweats01
病院を中心に、全仁会グループとして介護系の施設,サービスが充実する中、それぞれの活動がご紹介出来て充実した会となりました。
Image002
 老健でも日頃から創作活動や小集団リハビリで取り組んでいる作品に加え、趣味活動で取り組んでおられる個人作品もお借りして沢山の作品を出展することが出来ました。winkartshine

 老健(老人保健施設)は機能訓練,生活リハビリを実施して在宅復帰を支援する施設であるため、1年に1度の「のぞみの会」に参加されるのは初めてという方が殆どです。どのような会なのか良く分からない方も多かったと思いますが、日ごろの活動をより多くの方に知って頂けることを目標に、皆さん本当に一生懸命に取り組んで下さいました。

 当日実際に展示コーナーで自分の作品を目にして、こんなに大きな会とは思わなかったと驚かれる方や、頑張った甲斐があったと安堵と喜びをかみしめて下さる方もおられました。happy02sign02heart04

 

普段は老健内で作品を紹介していますが、やはり発表会で自分の作品が展示できるのは大きな達成感と喜びがあります。出来るだけ多くの方に発表して頂けるように、実習中の介護・看護の学生さん達にも協力してもらいました。ご協力、本当に有難うございました。お陰様で、沢山の笑顔を見ることができました。happy01happy01happy01七夕の折り紙アートは男子学生さんが担当してくれましたが、スパンコールのレイアウトなど真剣に悩んで取り組んでくれました。中央のハートheart01に男性ながらメルヘンを感じてしまいますね(^。^)crownshineshine

Image006 Image004

 全ての作品を見て頂きたいのですが、今回は1つだけ個人作品をご紹介させて頂きます。
右手が不自由な小原さんは、新作を発表したいとの思いで10月になって作成に取り掛かり、左手のみでビーズアートに挑戦して下さいました。老健にあるビーズの色に限りがあり可愛い絵柄にならず申し分けなく思っていましたが、頑張って「なす」を仕上げてくれました。ツルツルと滑るため少し歪んでしまった事を気にされていましたがdespairsweat02、肩が凝りながらも「のぞみの会に間に合わせると熱心に取り組んでおられました。bearingsweat01rockdash当日は沢山の方に自分の作品を見て貰えて喜んでおられました。heart02

 また、新たな作品に挑戦です。upnew機能訓練として取り組んでいる創作ですが、目標を持つことで気持ちのリハビリにも繋がったことを嬉しく思います。

 これからも、皆さんの生活が支えられるように頑張っていきます。catfaceheart01

Image009 Image010

*写真の掲載は、ご本人にご了解を頂いています

                    倉敷老健 リハビリ D

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

車椅子体験指導開催

 

1 日中は青空が広がり爽やかな日もありますが、朝晩の冷え込みが強くなってきました。倉敷市でもインフルエンザの発症報告が増えているようなので、人混みに外出の際にはマスクを忘れないようにしましょう。
さて今回は10月22日に行われた倉敷市立老松小学校での車椅子教室の様子を報告させていただきます。倉敷老健では「地域に開かれた施設」を理念に、老人クラブでの体操指導や家族交流会などを開催しています。今年は初めて、老松小学校の4学年が「考えよう 身近なバリアフリーについて」というテーマで学習している授業の一環で車椅子体験の指導をしてきました。

 4クラス134名の児童が参加して体育館で車椅子の自走と介助の体験を行いました。2 みんな真面目に車椅子の特徴や注意点を聞いてくれています。怪我などで以前に車椅子を使用した経験のある児童が10名ほどいましたが、ほとんどが実際に車椅子に触れるのは初めてということで少し緊張した様子でした。自走では体型と車椅子のサイズが合わず両手を同時に動かすのは難しそうでしたが、徐々に上達していました。介助する時は前が見えにくいので障害物にぶつからないように上手く回旋するのは難しかったようです。注意事項はアナウンスしたものの、柔らかく小さな手なのでどこかに挟んでケガをしないかと心配しましたが、先生方の協力もありそれぞれの体験が無事に終了できてホッとしました。
 最後は積極的に質問の手が挙がり驚きました。みんなの前では手を挙げるのが恥ずかしかったのか、時間切れだったのか・・・終わってからこっそり質問に来た児童もいて可愛らしかったです。
 また後日、「車椅子体験でお世話になった皆さんへ」という題で感想文を頂きました。体験の感想だけでなく、車椅子を使用される方の気持ちやご苦労,自分に出来ることは何だろうなどと体験を通して様々な事を考えてくれたことが分かりました。一枚一枚読ませていただき小学4年生ながら、こんなに想像力・感受性が豊かなのかと感心しました。心のバリアフリーも学んでくれたのではないかと思います。
初めての試みでしたが、お互いに充実した時間が共有できて貴重な体験となりました。
今後も医療・介護を広い視野でとらえて社会貢献できるように活動していきます。

倉敷老健 リハビリPT D

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

倉敷老健秋祭り

連日の豪雨が続いた夏も終わり、心地よい風を感じる季節となってきましたね。
Maturi1

さて、今回は9月26日(金)倉敷老健で行われた年に一度の恒例行事「秋祭り」の様子をご報告させて頂きます。
 老健職員で編成される「秋祭り委員」は毎年この8月~9月にかけて本格的な準備を開始し、タイムスケジュールの作成など、参加者の方々がより安全に、そしてより楽しんで頂ける祭にできるよう繰り返し打ち合わせを行っています。前日には「秋祭り委員」を中心にその他の老健職員も協力し会場設営などの準備を行います。
Maturi2
迎えた当日!!入所者の皆さんも朝からそわそわ&ウキウキ・・ 職員はバタバタ・・老健全体にいつもと違う空気が流れていきます。
さあ!いつもより早めに夕食を済ませたら、いよいよ祭り会場への 大移動です。華やかに飾られた会場に到着すると入所者の皆さん周囲を見渡し笑顔を見せて下さいます。

午後6時・・・職員が神輿を担いで会場入りし祭りの始まりです!今年は鈴木名誉院長、高尾代表のお二人が開会の挨拶をして下さいました。続いては各部署に配属された新人職員による踊りがMaturi3披露されました。長期に渡って練習してきた甲斐あって、入所者の皆さんも手拍子をして下さるなど楽しんで頂けたようです。

余興が終わるとお待ちかねの会場回遊です。いつも大人気おでん屋台を始め、ジュース・アイスクリーム・お抹茶・綿菓子などの飲食コーナー、千本釣り・サイコロなどのゲームコーナーなど会場内は大賑わいです。ここぞとばかりにお酒を飲まれる入所者の方もおられました(*^_^*)今回も多くの方に参加して頂きましたが、例年に比べると大きなMaturi4混雑が少なく皆さんに会場を回って頂けたように感じます。今年も早めの夕食・おでん屋台の準備などアイサービス、栄養科の皆さんにも大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

楽しい場内回遊が終了したら、次は普段リハビリを頑張っておられる方、沢山お手伝いをして下さる方々の表彰と記念品の贈呈が行われます。今回は赤いヒーローも登場し賑やかな雰囲気の中、式が行われました。表彰される方々も大勢の人の注目を浴びるため、少し緊張されている様子でしたMaturi5が、とてもすてきな笑顔を見せて下さいました。また、昨年100歳を迎えられた入所者の方の表彰も行われ、会場に登場して頂きました。

最後に大浜施設長の挨拶があり、大盛り上がりだった今年の秋祭りも閉会となりました。
毎年、秋祭りに参加されている入所者の方の笑顔を見ると、このような特別な行事を大切にしていかなければいけないと本当に感じます。少しでも、老健入所者の方々に楽しく過ごして頂ける時間が増
Maturi6えるように、今後も努力していきます。

この度も学生・職員ボランティアなど多くの方のご協力のおかげで無事に秋祭りを行うことができました。老健職員一同、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。また、来年もご協力の程よろしくお願いします。

                                    リハビリ Yちゃん

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

恐るべし・バイキングの魅力

Image006  日中は湿度が高くジメジメでしたが朝夕は涼しく、やはり「冷夏」なんだなぁ~と感じていましたが、甘かった(*_*) お盆を過ぎて本格的な暑さがやってきましたね。 あと少し・・・湿気&紫外線攻撃に負けずに頑張りましょう!!bearingsweat01sun

 さて、今回は倉敷老健で行われたデザートバイキングの模様をご報告させていただきます。
言語聴覚士・栄養士も加わったバイキング委員の皆さんが何度も会議をしながら、普段のおやつでは出てこない和菓子・カップデザート,ケーキを吟味して12種類のデザートcakeshineを選んでくれました。当日は、沢山の種類が楽しめるようにと大きさを工夫してカットしたり、飲み物の準備にと委員さんは大忙しです。happy02sweat01note

Image002_3  いよいよ各階準備完了!! 大浜施設長から食べ過ぎには注意して好きなだけ食べて下さいとのお許しが出たので、皆さん目がキラキラになりました(^。^)shine
 今年は特に種類が多いので、皆さん目移りしてなかなか決まりませんが、やはり色んな種類の中から自分で選べるというのは、ワクワク楽しいですよね。普段は食が進まない方も自分からスプーンを持ってニコニコと美味しそうに食べていました。restaurantrecyclesmile

Image004  大浜施設長は遠慮気味に和菓子を2個食べていましたが、なな何と・・・今回の食いしん坊チャンピオンは10個も食べた方がいたそうです。fulldelicious好きなだけとはいえ気分が悪くなるのではないかと周りはハラハラ困り顔でしたが、ご本人はパクパクと幸せそうな笑顔だったようです。心配をよそに夕飯もいつも通り完食でした。coldsweats01女性のデザート好き・別腹には年齢も関係ないようですね・・・恐れ入りました!!happy01heart04cake

 

ご家族も何組か参加して下さいましたが、たまたま遠方から来られたご家族もおられ、久しぶりの再会のひと時を楽しいカフェタイムで過ごして頂けることができて、本当に良かったと思います。catfacejapaneseteaheart01
 ご協力いただいた各部署の皆様、本当に有難うございました。

倉敷老健 リハビリスタッフ D

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

思いやりの心が輝かせた天の川

 

今年は梅雨rainが明けたと思ったらまさしく『猛暑sun』(*_*)1
身体のミネラルがどんどん奪われていくのが分かる気がしますsign03
例年以上に飴やドリンクなど塩分を含んだ商品も増えていますね。
CMでお馴染みの経口補水液(OS-1)など、自分に合ったものでミネラル補給しながらバテずに元気に夏を乗り切りましょう(^。^)

 さて、今年は空梅雨だったのに由りによって七夕は大雨rainで、『天の川mist』が見られませんでしたね。
しかし、倉敷老健では折角の皆さんの願いを何とか叶えたいと夜な夜な準備してくれた行事会委員のお陰で、少し遅れた七夕会で素敵な『天の川mist』が輝きました。入所者の皆さんも思い思いの願い事を短冊に記しましたが、やはり一番多かった願いは自分の事ではなく『家族の健康と幸せ』でした。離れていても『家族の心heart01』はいつも側にありたいものですね。住み慣れたお家houseから離れて寂しく不安なことも沢山あると思いますが、『思いやり』を忘れない入所者の皆さんに頭が下がりますsign03

 七夕会ではそんな皆さんに少しでも楽しんで頂けるようにと行事会委員による劇で彦星と織姫の恋物語を披露されました。制服姿とは違う職員に「誰かねぇ~」などとお隣同士でヒソヒソ。ハンサムな某介護主任扮する織姫もとても綺麗でしたが、そこは皆さんシビアで・・・残念ながら「織姫にしてはデカいなぁ~」との感想が飛び交います。それでも熱演の主役2人によるクライマックスでの長~いラブシーンでは拍手喝采でした。男同士の汗だくの抱擁・・・お疲れ様でしたsign03
2 3 4
 さて、nine月は『敬老会』に『秋祭り』・・・すでに準備は始まっていますsign03
委員の皆さんもバテない様に気張って行こう(^_^)
5

倉敷老健 リハビリスタッフ D

| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

倉敷老健家族支援会開催

さて今回は6月21日に開催した『老健家族支援会』の模様をご報告させていただきます。201407011
まずは栄養科の中野管理栄養士から高齢者の栄養と脱水症・熱中症予防についてお話がありました。高齢になると淡白な味を好んだり、歯が悪くなり固い物や繊維質の食品を避けたり、反対に味覚低下により味の濃い物を好むようになる方もおられ塩分・糖分の摂り過ぎになってしまう事もあるなど、色々な原因で栄養のバランスが崩れてしまうとのことです。参加して下さった皆さんも独り暮らしになって「朝や昼は同じものばかりだ」,「面倒で惣菜が多くなる」,「食べ過ぎかな」などとご自分の食生活を振り返りながら中野さんに相談されていました。栄養バランスのポイントとしては、やはり不足になりがちなのが野菜の様です。野菜ジュースでの代用は、『飲みやすさ=過剰な糖分』の商品もあるので注意して下さいとのことでした。

これからの暑い時期は特に食事が単調になってしまいます。例えば、お昼に「そうめん」なんてことも増えますが、これに「冷奴」をつけるだけでも大豆たんぱくを摂取出来て良いそうです。そうそう、カルシウム摂取といえば「牛乳」,「ヨーグルト」が思い浮かぶ方も多いと思いますが、苦手な方もおられますよね。日本人に向いている食品としては、「わかめ」や「海苔」,「ひじき」などの海藻類も良いそうなので参考にしてみてください。
 栄養と同じように大事なのが体の筋肉量・運動です。運動が少なく活動の範囲も狭くなると筋肉の量は減ってしまうため、若い頃以上に肥満が危険を招きやすくなるそうです。このような、加齢による筋肉量の低下と肥満が合併した状態を「サルコぺニア肥満」と言うそうです。最近、メディアでも聞くようになった言葉なので、皆さんも気に留めてみて下さい。

ということで、勉強の後は皆で体を動かします。簡単にできるストレッチ体操と『365歩のマーチ』の曲に合わせた倉敷老健オリジナルのステップ体操をやってみました。初めての動きに苦戦しながらも段々ステップが合うようになり、皆さんの動きも大きくスムーズになってきたところで、曲に合わせて本番です。簡単な体操ですが、最期には「やったー」と笑顔になって楽しくできました。少し汗をかいて運動後の『OS-1』(経口補水液)も美味しく感じたそうです。
私は初めて家族会の体操指導を経験しましたが、皆さんの熱心な姿を見ることができて楽しい一時でした。自宅でこっそり小声で練習をした日々も報われた気がします。
これから夏本番!!小まめな水分補給を心掛けて、栄養と運動にも気を付けながら「夏バテ0(ゼロ)」で元気に乗り切りましょう(^。^)

201407012_3201407013_2










倉敷老健 リハビリスタッフ Yちゃん

| | コメント (0)

2014年6月 2日 (月)

花壇拡大

 倉敷老健では本館2階のベランダでプランター花壇を楽しんでいますが、秋からの花の手入れは苦手でいつも野ざらし放ったらかしの状態です。そんな過酷な環境でも強い生命力で春には3年目を迎える『ベゴニア』と『ミニバラ』が可愛い花をつけてくれました。感激です!!happy02tulipheart02

Image001  とは言え、すっかり寂しくなったベランダを復活させるため、7名の入所者様と『ホームセンター コーナン』へ花の苗を買いに出掛けてきました。runnotes久しぶりの外出に「どこに行くんじゃろうか~?」と話しながらワクワクした様子で話が盛り上がります。10分ほどのドライブで到着したら、すぐに苗コーナーがあり早速お買い物開始です。なんだか聞いたことのない名前の苗budが沢山あって皆さん迷っていましたが、それぞれお気に入りの花が見つかったようでした。集めてみるとピンクの花が多く、女性は何歳になっても可愛らしいものが好きなんだなぁ~と感心しました。lovelyheart04

 少し疲れたようですが、良い気分転換になったようです。倉敷老健帰所後に、水分補給を済ませたらもうひと頑張りで苗の植え替えをして花壇の完成です。shinetuliptuliptulipshine
Image003_2 Image005_2

 私が倉敷老健に配属になって初めてのバス外出でしたが、皆さんがとても喜んでくれてまたまた沢山の笑顔を分けて頂きました。happy01sun仕事でこんなに楽しい時間を過ごせる事は、本当に恵まれていると思い感謝です。少人数でのイベントになりますが、これからも楽しい企画を立てて皆さんのQOLの向上にご協力できればと思っています。winkrockup

 今回は、倉敷老健と平成病院に挟まれた通路にも花壇を置いてみましたので、皆さんにも楽しんで頂ければ幸いです。tulipflair
Image007 Image009

倉敷老健 リハビリスタッフ D

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

5月にインフル?!

4月は花見の時期にぽかぽか陽気に恵まれて倉敷平成病院の駐車場にある桜も見事な咲きっぷりで私たちを楽しませてくれました。Sakura

 また、栄養科とアイサービスの皆さんのご協力で昼食に花見弁当が出た日には、職員が差し入れてくれた桜の枝を眺めながら歌謡曲をかけて、いつものフロアもお花見気分で楽しく過ごしました。

詰める作業など大変だったと思いますが、本当に有難うございました。
その後は朝晩が寒い日が続きましたが、ようやく過ごしやすくなりましたね。

新入職の方たちは緊張がとれ職場にも慣れてきた頃でしょうが、そろそろ疲れが出始めているのではないでしょうか?カレンダー通りのお休みでない方も多いかもしれませんが、ゴールデンウィークは曇るものの汗ばむ陽気の日もあるようなので、太陽の下で少し気分転換ができる休日があるとよいですね。

 とは言うものの、今年は大流行とはならなかったものの未だにインフルエンザの発症を耳にします。
マスクをつけるには少し暑くなってしまいましたが、人が集まる場所では細めな手洗いとうがいで引き続き感染予防に努めたいものです

 

倉敷老健 リハビリスタッフ D

※許可を得て写真掲載しています

| | コメント (0)

より以前の記事一覧