2015年2月10日 (火)

12誘導心電図と放射線検査についての研修を行いました。

1月31日に新人看護師を対象に、12誘導心電図と放射線検査についての研修を行いまし201502101
た。
12誘導心電図ではモデル患者さんに検査の説明をして、電極の色を間違わないように装着して、機械を操作して・・ シュミレーション研修をしたことで実践の難しさや患者さんの気持ちを知る事ができ、有意義な研修となりました



放射線検査については放射線科嶋津課長より講義があり、検査時の注意事項を知り、看護師として患者さんの安全安楽を守る為どうすればいいのか学ぶことができました。201502102_3

倉敷平成病院 看護師  T

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

『第10回おかやま足を守る会』開催報告

 2 1月24日(土)14時から『第10回おかやま足を守る会』が倉敷在宅総合ケアセンター4階 多目的ホールにて開催されました。
 『おかやま足を守る会』では、岡山県下の下肢救済、足の健康に関連した多職種が世話人となり、当院院長の平川訓己先生が代表世話人をしています。演題として、当院 形成外科医長の石田泰久先生が「当院フットケア外来でよく見る症状と履物の関係」について発表し、また地域で連携を行っている靴工房グラートの中村先生や岡山市民病院の松前大先生も発表されました。中村先生の発表で、靴購入の年代別グラフでは、利用される方は50歳以上の方が多いということから、年を重ねると足にトラブルを抱えることが多いので、専門的にアドバイスしてくれるショップを選ぶ傾向があるのかなという印象を受けました。川崎病院の藤井先生はバージャー病の症例を提示して下さり、松前先生との話を合わせて、喫煙は血管病変に害悪をもたらすことを実感しました。

 また、今回はミニレクチャーを「サルコペニアと栄養」というテーマで、当院栄養科主任3 小野詠子さん、「糖尿病と骨粗鬆症」というテーマで、当院生活習慣病センター 診療部長 青山雅先生が行い、筋肉や骨の重要性についても考える機会となりました。
 講演では、Jサーキット株式会社代表取締役 新居隆司(J.アライ)先生をお招きし、「足裏を正せば、歩行も変わる」の題で、コリトルボールを使用した足や体のストレッチをご指導頂きました。全員ボールを2個ずつ持ち、ストレッチを体感し、また即効性もあり楽しく有意義な時間を持ちました。

 1 『足を守る』ということは医療従事者だけでなく、生活を整える、足に関心を持つ、足のストレスを日頃から緩和するなど、色々な視点から職種が関わる必要があることを実感しました。その中で私達医療従事者は、足をしっかり守り、みなさんが健やかな人生を送ることができるよう積極的な連携が必要です。
 今後も地域の皆様と協力しながら取り組んで参りたいと思います。

 最後にご協力頂きましたボランティアの皆様、ありがとうございました。

看護部 教育担当師長 E.K

| | コメント (0)

2015年1月17日 (土)

平成27年1月より倉敷ケーブルテレビにて「Smiles~私の奮闘記~」放送中

20141229
当院で働く看護師さんにスポットをあて日々の奮闘ぶりをご紹介。

笑いあり、涙ありの日常を紹介している「Smiles~私の奮闘記~」。

 

倉敷平成病院職員は皆さんの笑顔を支えるため、日々頑張っています。

●放送時間●

 月~金 18時55分~ 、21時55分~

 土・日  9時55分~

是非、ご覧ください。

| | コメント (0)

2015年1月14日 (水)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
平成27年になり、あっという間に半月が来ようとしています。
今年は未年、群れをなすことから「家族の安泰」を表すとされ、いつまでも「平和」に暮らすことを意味すると言われています。

未年ということで、12年前の未年の2003年はどうだったのか見てみると、文字通りにはいなかったようです。NASAコロンビア号の空中分解事故やイラク戦争開戦など、その後に大きな影響を与える出来事が起き、そして何より病院に勤めている私たちにとって大きかったのは、新型肺炎SARS(サーズ)が大流行していました。あの当時は感染予防で大騒ぎになっていましたが、少しずつ意識は薄れ‥。In

新型肺炎SARSではありませんが、ここのところインフルエンザの患者さんが急に増えてきています。岡山県は 『インフルエンザ注意報』を発令中で、その中でも倉敷市は、警報発令基準を大きく超えている状況です。当院でも患者さんへの感染を防ぐために、お正月明けから面会制限をお願いしています。マスクの着用や手洗い・うがいなど、一人ひとりがきちんと感染予防を意識して取り組むことが大事です


未年をきっかけに、12年前を思い出して、この時期をみんなで協力して乗り切りましょう。
未という文字が表すよう、穏やかな一年でありますように‥と、心から願っています

倉敷平成病院 看護部 T

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

1日1歩

 寒い日が続き、やっと冬らしい冬がきた!という感じがしますね。 103この時期の我が家のお決まりといいますと、夕食後に家族揃ってこたつに入り、みかんやお煎餅を食べながら雑談する風景です。  
私がこの倉敷平成病院に入職して3年が経ちました。就職が決まった時、家族全員がとても喜んでくれたのを覚えています


入職したころは元気だった私の家族に幻聴やせん妄、認知症のような症状が出たことがありました。どんな言葉をかけてよいか困ったり、つい面倒に思ってしまったり、悩んでいました。
そんな時、院内の認知症に関する研修会に参加したことがとても役に立ちました。こんなにも自分の身近なところで役立つとは思っていなかったので、参加してよかったなあと心底思いました。また、多職種の上司や先輩が相談に乗って下さりとても助けられました。
Yuki

 研修会はもちろん、それ以外にも日々の中で小さなことではありますが、多くのことを学ばせてもらっているなあと感じます。もちろん落ち込んでしまう時もありますが、「人生は一期一会、自分から楽しむこと」(祖母からの受け売りですが(笑))をスローガンにやりがいを見つけ、自分なりの目標を持って毎日を過ごしています。

  2014年ものこり少なくなってきましたが、皆様よい締めくくりができますように。

事務N.H

| | コメント (0)

2014年10月27日 (月)

技術の進歩とアイデア活きる内視鏡検査

01 こんにちは。皆様は、定期的に胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査を受けておられますか?
女性の死亡原因第一位は大腸癌です。食事が欧米化され、動物性脂肪の取り過ぎによるものと、現代社会においてのストレスが、原因と言われています。

近年内視鏡検査も目まぐるしい進歩を遂げ、大腸内視鏡検査も楽に受けられる様になりました。以前に比べ大腸検査も、検査前日の検査食は摂取せず、通常の食事を食べ、腸管洗浄剤(下剤)も2Lの飲用から、1Lの飲用で済む様になりました。ぜひ皆様内視鏡検査を受けましょう。

___1 内視鏡検査を施行している施設には、内視鏡技師がいます。技師の役割は、検査を受けられる患者さんに、安心、安全、安楽に治療が出来る様に介助します。日々進歩していく技術、知識を学ぶ為、月に一度、岡山内視鏡技師会では勉強会を行っています
今回、内視鏡技師会初の試みで、文化祭が行われました。
それぞれの施設で工夫している事、また百円均一の商品で作ったアイデア作品を出し合い発表しました。

___2 平成病院内視鏡では、処置具ハンガーの作成と題し発表しました。
検査時また、処置時に使用するデバイスは長く床についてしまったり、先生に手渡す事が難しかったのですが、このハンガーを作成しとても効率よく行える様になりました。市販されている物は○十万円もしますが、百円のフックと、針金ハンガーで出来ました。他施設からも「うちでもやってみます」「作り方を教えて下さい」など大好評でした。
来年もアイデア作品を作成し発表したいと思います。
___3
                                内視鏡大好きっ子

| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

当院の看護師の制服について

 

Photo 今日は当院の看護師の制服についてお話をしてみたいと思います。
皆様ご存知のとおり、当院の看護師はピンク色の白衣(男性看護師は白ですが)とピンクのナースキャップを身につけています。

ナースキャップは、「清潔」「潔白」「清楚」を表すと言われ、職業に対する意識を高め、責任の重さを自覚する象徴でもあります。当院では高齢の患者さんが多いため、誰が見ても看護師さんとわかるということも大きな意味をもっています。
 近年、狭い病室での機能性の悪さ、ナースキャップが院内感染の原因になりかねない、男性看護師が増えてきているなどの理由から、ナースキャップを廃止している病院がほとんどとなってきました。当院でも少し前からナースキャップの是非について声が上がっており、看護職員や看護学生さんなどの意見を集めているところです。
 自分たちだけでなく、他の職種の方や患者さんの意見を聞き、ナースキャップの意味も含めて今後について考えていきたいと思います。ブログを見ていただいている方にも、ご意見やアドバイスがいただけたらと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

看護部 M

| | コメント (2)

2014年8月31日 (日)

倉敷平成病院看護部募集パンフレットができました

Kangobosyuこのたび、倉敷平成病院看護師募集パンフレットを作成いたしました。当院看護部の魅力がギュッと詰まった内容となっています。

 

倉敷平成病院へご入職をお考えの方、是非ご一読ください。

 

まだまだ、十分に魅力はお伝えきれませんので、興味をもたれた方は、倉敷平成病院 人事部 (086-427-1111)まで、お気軽にお電話下さい。

 

院内見学・説明は随時行っています。

 

ちなみに、表紙を含め、このパンフレットに掲載の人物写真はすべて院内スタッフです。皆さん笑顔が素敵で、笑顔の輪が広がるようです。

また、「ゼットくん」にも今後要注目です♪
PDFファイルをこちらからご覧いただけます。

秘書室 みや

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

見て、来て、知ってください☆倉敷平成病院!

 夏らしい日差しはどこへやら、一日の内に何度も天気が変わるおかしな毎日で、このまま秋に突入するのでしょうか?体調を崩されている方はおられないでしょうか?sunrainsun

 昨日、外部で行われた就職説明会に参加してきました。当院の看護について少しでも興味を持ってもらい病院見学に来ていただきたいpencilnotesと、いろいろな工夫をして取り組んできました。今年は看護部の主任さんたち手作りの「ナースの1日」をブースで使用して、同じように説明会に参加していた方などから褒めていただきました。happy02dash参考にしたいのでと写真を撮って行かれる方もおられ、主任さんたちの努力が報いられてよかったと嬉しくなりました。heart04happy01cameraflair

 人任せではなく、自身が行っている看護について知ってもらうために、看護部全体で取り組んでいることが伝わったのではと思います。heart04

 その日の夕方、瀬戸内海放送のニュースで平成病院のブースの様子が紹介されたようで、病棟周りをしていた時に、当院のお掃除をしてくださっている業者の方から「テレビに映っていましたよ。平成病院がしっかり写っていて私も嬉しかったよ~」と声をかけていただきました。いろいろなところで気にかけてくれる人がいることを実感しました。cryingshine

 ブースを訪れてくれた方の中の何人かは8月30日に予定している院内の就職説明会に参加してくれ、他の方も日程を調整して病院見学に来てくれるとのことで、是非一緒に働けるようになれることを期待していますrockheart01
どうぞみなさんも一度病院を見学に来てみて下さい。

Image001

| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

全仁会グループの仲間として参加してみませんか?

 1 7月19日(土)に第24回看護セミナーが開催されました。
院内の職員だけでなく地域の看護職の方もお招きし、新しい医療情勢についての情報共有や意見交換、行っている看護の振り返りなど、平成元年から毎年看護の質向上を目指して行っています。 

 今年は全国高齢者ケア協会の鎌田ケイ子先生をお2 招きし、「看護・介護で支えよう!救急から在宅まで」と銘打って、講演やパネルディスカッションなど、約400名の参加者で大いに盛り上がりました。鎌田先生には、超高齢化社会に向かう中、看取りにおける看護師の役割や看護と介護の連携など、とてもわかりやすくお話していただき、自分たちの行っている看護の方向性についても、少し背中を押していただけたような気がします。
 毎年のことですが、準備から片付けまで、全仁会グループの職員のチームワークの良さを感じることができ、来年も学びの多い会になるよう頑張ろうという力をもらいました。
 来年は皆さんも(できれば全仁会グループの仲間として)是非参加してみてください!

看護部 M.T

| | コメント (0)

より以前の記事一覧